最初のアプリの作成

アプリは Qlik Sense の中核を成すものです。アプリはデータとともにロードされます。ユーザーはアプリ内のビジュアライゼーションを使ってデータを探索できます。また、アプリを同僚と共有することもできます。

ただし、まずアプリを作成および構築する必要があります。

基本的なアプリの作成

このセクションでは、サンプル データを使用した基本的なアプリの構築方法について説明します。

データの準備

アプリには必ずデータが必要です。このセクションの手順を実行する際には、サンプル データを利用できます。独自のデータがある場合は、それを使用しても構いません。

サンプル データを利用する場合は、下のセクションを展開して、テーブル全体 (列見出しを含む) をコピーし、空 の Excel ファイルに貼り付けてください。

アプリの作成とビジュアライゼーションの追加

  1. Qlik Sense を起動します。

    詳しくは「Qlik Sense の起動」と「Qlik Sense Desktop の起動」を参照してください。

  2. 空のアプリを作成します。

    詳細については、「アプリの作成」を参照してください。

  3. データ (Excel) ファイルをハブや空のアプリにドラッグ アンド ドロップして、データをアプリに追加します。

    詳細については、「アプリへのデータの追加」を参照してください。

    1 つのテーブルからデータを追加している場合、インサイト アドバイザーが開きます。

    インサイト アドバイザーの詳細については、「インサイト アドバイザーを使用した、データからのビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

  4. シートを作成します。

    詳細については、「シートを使用したアプリの構成」を参照してください。

  5. ビジュアライゼーションをシートに追加します。例えば、次の操作を実行できます。 

より高度なアプリの構築

より高度なアプリを構築する方法は多数あります。

  • たとえば、それぞれの目的に適したシートをさらに追加することで、アプリに構造を作成します。

    詳細については、「シートを使用したアプリの構成」を参照してください。

  • 再利用可能なアイテムを作成し、他のユーザーが自身のビジュアライゼーションで再利用するアプリを簡単に作成できるようにします。

    詳細については、「マスター アイテムを使用したアセットの再利用」を参照してください。

  • 重要な発見にブックマークを付けたり、アプリやシートやストーリーにテキストによる説明やサムネイルを追加して、アプリの目的や最適な使用方法について、対象ユーザーの理解を促すことも可能です。

    詳細については、「アプリの管理」を参照してください。

アプリを使った発見

これで、アプリを使ったデータ ディスカバリや分析が可能になりました。

ビジュアライゼーションの操作の詳細については、「ビジュアライゼーションの操作」を参照してください。

他のユーザーとのアプリの共有

アプリの使用とアプリを使ったデータ探索を他のユーザーに許可したい場合は、まずアプリを公開する必要があります。

アプリの公開の詳細については、「公開 」を参照してください。

注:

Qlik Sense Desktopを使用すると、アプリをクラウドにアップロードして他のユーザーと共有できます。