メイン コンテンツをスキップする

ピボット テーブル

ピボット テーブルは、軸とメジャーをテーブル内で行と列として表示します。ピボット テーブルでは、複数のメジャーによって同時に複数の軸でデータを分析できます。

行と列をピボット化することにより、メジャーと軸を並べ替えられます。

使用に適しているケース

ピボット テーブルは、1 つのテーブルに複数の軸やメジャーを含めて、それらを再構成してそれぞれの小計を表示させるときに便利です。

長所

ピボット テーブルは、一度に複数の軸とメジャーを分析し、それらを再構成してデータ上でそれぞれの観点から見るときに非常に有用です。テーブルの残りの行を折りたたんだまま、関心のある行を展開できます

短所

ピボット テーブルは、少し複雑で、一目で理解することは難しいかもしれません。

ピボット テーブルの作成

編集中のシートに新しいピボット テーブルを作成することができます。

  1. アセット パネルから、空のピボット テーブルをシートにドラッグします。
  2. [軸を追加] をクリックして、軸または項目を選択します。
  3. [メジャーを追加] をクリックし、メジャーを選択するか、項目からメジャーを作成します。

外観とその他の設定はプロパティ パネルで調整できます。

ヒント メモ列の幅は、識別しやすくするために、列を一緒に配置するよう自動的に設定されます。軸列の幅は、ヘッダーの区分線をドラッグして調整できます。メジャー列の幅は、これまで通り自動的に設定されます。列幅の自動調整にリセットするには、ヘッダーの区分線をダブルクリックします。

テーブル内のデータのピボット化

データを並べ替えるときは、アイテムを新しい列または行にドラッグします。

以下のピボット テーブルでは、軸 CustomerProduct Group の後の位置にドラッグされています。軸 Item Desc は、Product Group の前の位置に移されています。この結果、軸は主に Item 別にソートされています。焦点は Customer から Item Desc に変わっています。各顧客の数量と売上高は、 をクリックすると見つけられます。これにより軸が展開します。

データが再配置されたピボット テーブル。

Customer 軸を行から列に移動することで、Item Desc 軸への焦点を維持でき、また顧客ごとのアイテムの分布も表示できます。この移動により、ピボット テーブルの情報が凝縮されました。

データが再配置されたピボット テーブル。

メジャー グループ

お気づきのように、QuantitySales は最上列行で別々のメジャーとして表示されていません。軸 Customer の横には、 というアイテムがあります。複数のメジャーを使用する場合は自動的にグループ化され、 というメジャー グループを形成します。このグループは、行の選択または列の選択に追加できます。メジャー グループは、テーブル内で編集したり選択したりできません。メジャー アイテムを分割して、メジャーの 1 つを行に、そして別のメジャーを列に使用することはできません。

プロパティ パネルを使用して、グループ内の最初のメジャー別にソートできます。「最初のメジャーでソート」をご覧ください。

プロパティ パネルでデータをピボット化

プロパティ パネルで、ピボット テーブルにメジャーと軸を追加できます。行または列を回転することもできます。

データ

データ パネルで、軸とメジャーを追加できます。アイテムは、行と列の間で移動できます。行と列の中でアイテムの順序を変更することもできます。複数のメジャーを使用するとき、メジャーはグループ化され、 アイテムが作成されます。

プロパティ パネル、データ パネル。

ソート

ソート パネルで、軸およびメジャーの内部順序を変更できます。

プロパティ パネル、ソート パネル。

最初のメジャー別にソート

複数のメジャーがある場合は、メジャー グループが作成されます。[最初のメジャー別にソート] により、最初のメジャーの数値別に軸の値をソートできます。このソートはすべての軸に影響し、軸で定義されている他のすべてのソート順に先行します。

たとえば、メジャー QuantitySales の 2 つがあるとします。プロパティ パネルで、[データ] > [メジャー] の順に移動すると、Quantity が最初にリストされています。[最初のメジャー別にソート] を降順で実行すると、テーブルは、軸において Quantity が最大で始まる順にソートされます。

編集モードのピボット テーブル最初のメジャー別にソートはオンに切り替えられています。

最初のメジャーでソートされたピボット テーブル。

制限事項:

  • このオプションは、小計が計算されている場合にのみ対応します。小計は、次のいずれかで計算できます。
    • プロパティ パネルで、[データ] に移動し、軸をクリックします。[合計を表示] をオンに切り替えます。
    • プロパティ パネルで [外観] > [プレゼンテーション] の順に移動します。[行のインデント] をオンに切り替えます。
  • このオプションは、計算軸では対応していません。
  • このオプションは、すべての軸が行の選択内にあり、すべてのメジャーが列の選択内にある場合にのみ対応します。

数式によるソート

数式でソートする場合、数式はピボット テーブルの最初の軸にのみ適用されます。後続の軸は、最初の軸と同じ順序でソートされます。

グローバル グループ

グローバル グループでは、限定的なデータ セットを作成し、データ セット内で注目したい値を選び出せます。例: 最良の四半期、売上 1 位の営業担当者、または売上高が最も低い製品。

 

次のピボット テーブルでは、制限は適用されません。値は、Sales で降順でソートされます。リストが長いため、2013 年度の値は表示されていません。

ピボット テーブルでは、制限は適用されません。

次のピボット テーブルでは、(内部) 軸 Sales Rep Name に制限が適用されています。その結果、2013 年度および 2014 年度の上位 5 名の営業担当者のみが表示されます。

内部軸が制限されたピボット テーブル

次のステップでは、プロパティ パネルでグローバル グループを選択します。オプション [グローバル グループ] は、軸に制限を適用した後にのみ使用できます。

グローバル グループを選択すると、上位 5 名の営業担当者の制限が再度適用されますが、今度は軸 Year が無視されます。最高の売上 (2013 年度または 2014 年度) を持つ 5 名の営業担当者だけが最後のピボット テーブルに表示されます。

次の画像には、2014 年度および 2013 年度の 6 名の最高の結果が表示されます。上位 の 4 名の結果は 2014 年度のものですが、5 番目 (John Greg) は 2013 年度の結果です。他の営業担当者 5 名の売上高は、Brenda Gibson (2014 年には 5 位) の売上高よりも大きいため、彼女は除外されます。

2014 年と 2013 年の上位 6 つの結果。

次の画像は、グローバル グループが適用されたピボット テーブルを示します。このピボット テーブルには、上位 5 名の営業担当者の売上結果のみが含まれています。Brenda Gibson は、2014 年度に John Greg よりも良い結果を出していますが、2013 年度の結果により、彼が上位 5 名のリストに掲載されています。

グローバル グループ化が適用されたピボット テーブル。

展開したピボット テーブルによるブックマークの作成

初期設定では、ピボット テーブルを含むブックマークを作成すると、ピボット テーブルは折りたたまれて表示されます。 を使用して行を展開した場合、それらは表示されません。しかし、ピボット テーブルを展開した状態で表示するように選択できます。

  1. ツールバーで ブックマーク をクリックします。

  2. [ブックマークの新規作成] をクリックします。

    必要に応じて、名前と説明を変更します。

  3. [レイアウトを保存] をオンに切り替えます。
  4. [保存] をクリックします。