メイン コンテンツをスキップする

のキーボード操作とショートカットQlik Sense

Qlik Sense はキーボードによるアクセスに対応しており、キーボードを使用して、ハブ、アプリ概要、ツールバー、シート、データ、ビジュアライゼーションをナビゲートできます。さまざまなキーボード ショートカットもあります。

キーボードで移動操作を行う場合には、フォーカスの中心が強調表示されます。

情報メモキーボードのショートカットは、Windows を想定しています。MacOS の場合、Ctrlの 代わりに Command を使用します。

ハブ

詳細については、「ハブ」を参照してください。

アプリ概要とツールバー

[コンテンツにスキップ] ボタンは、アプリ概要ページでキーボードを使用してナビゲートするときの最初の要素です。Enter をクリックしてナビゲーションをスキップし、ツールバーの [シート] に移動します。Tab をクリックすると、グローバル メニューが開きます。

アプリ概要ページと Qlik Sense のツール バーのナビゲーションの詳細については、「ユーザー インターフェース内での移動」を参照してください。

シート ビュー

キーボードのナビゲーションを使用して、シートのビジュアライゼーション、ビジュアライゼーション コンテキスト メニューのアクセス オプション、およびビジュアライゼーション データのダウンロードを操作できます。

[コンテンツにスキップ] ボタンは、シート ビューでキーボードを使用してナビゲートするときの最初の要素です。Enter をクリックしてナビゲーションをスキップし、メイン コンテンツに移動します。例えば、[分析] > [シート] を表示している場合は、[スマート検索] に移動します。代わりに Tab をクリックすると、[分析] メニューが開きます。

詳細については、「シート ビュー」を参照してください。

選択モード

ユーザーがテーブルまたはチャートに焦点を合わせ、選択が行われると、[選択モード] になります。セルまたはオブジェクトがアクティブに選択されると、選択メニューがテーブルまたはチャートのトップバーに表示されます。

詳細については、「選択による探索」を参照してください。

リスト ボックス

詳細については、「選択またはビジュアライゼーション内での検索」を参照してください。

ビジュアライゼーションのコンテキスト メニュー

コンテキストまたはオプション メニューは 詳細 で表されます。

詳細については、「オプション メニュー」を参照してください。

フィルター パネル

詳細については、「フィルター パネル」を参照してください。

ストレート テーブル

詳細については、「テーブル」を参照してください。

データ モードの表示

詳細については、「ビジュアライゼーションのデータの表示」を参照してください。

洞察

詳細については、「Insight Advisor でのビジュアライゼーションの作成」を参照してください。

キーボード ショートカット

一部の Qlik Sense 機能には特定のショートカットがあります。