メイン コンテンツをスキップする
wildmatch - スクリプトおよびチャート関数

このページ上

wildmatch - スクリプトおよびチャート関数

wildmatch 関数は、最初のパラメータとそれに続くすべてのパラメータを比較し、一致した数式の数を返します。比較文字列では、ワイルドカード文字 ( *?) を使用できます。 * は、任意の順序の文字と一致する必要があります。? は任意の 1 文字と一致します。比較では大文字と小文字は区別されません。

構文:  

wildmatch( str, expr1 [ , expr2,...exprN ])

ワイルドカードを使わずに比較する場合は、match 関数または mixmatch 関数を使用します。

このトピックの例のいくつかは、インライン ロードを使用しています。詳細については、「インライン ロード」を参照してください。

例:wildmatch を使用したロード スクリプト

例:wildmatch を使用したチャートの数式