メイン コンテンツをスキップする

テキストと画像

テキストと画像のビジュアライゼーションはテキストや画像、ハイパーリンク、メジャーを追加するオプションを提供し、他のビジュアライゼーションを補完します。

テキストを書式設定して色を割り当て、パラグラフの位置を合わせることができます。背景画像には、サイズ変更および配置オプションが含まれています。また、テキストと画像に応答型動作を設定することもできます。

使用に適しているケース

テキストと画像のビジュアライゼーションはプレゼンテーション目的での使用を意図しており、選択はできません。ただし、テキストと画像のビジュアライゼーション内のメジャーは、実行された選択に応じて更新されます。一般的な使用例:

  • アプリの最初のシートで重要な情報を表示する場合。
  • 会社の画像を表示する場合、または背景画像と書式設定されたテキスト、メジャー値を組み合わせて説得力のある方法で図表を示したい場合。
  • 追加情報を含むサイトへのリンクを作成する場合。
  • すべてのデバイスでビジュアライゼーションが適切に表示されるように、応答型の動作を使用する場合。

長所

テキストと画像のビジュアライゼーションは、他のビジュアライゼーションと比べた場合に、目に付きやすくなっています。一般的なチャートより確実に目立つビジュアライゼーションを作成できるよう、さまざまなオプションが提供されています。

短所

テキストと画像のビジュアライゼーションの視覚的な混乱を避けるため、使用できるメジャー値の数とテキストの文字数が制限されています。

テキストと画像の作成

編集中のシートにテキストと画像のビジュアライゼーションを作成することができます。

  1. アセット パネルから、空のテキストと画像チャートをシートにドラッグします。
  2. テキストと画像チャートをクリックして編集ツール バーを開きます。

  3. テキスト、画像、ハイパーリンク、メジャーをテキストと画像チャートに追加し、書式設定を行います。

ヒント: アセット パネルのテキストと画像チャートをダブルクリックすると、シートにすぐに追加されます。

テキストと画像の編集

テキストと画像のビジュアライゼーションでは、さまざまな方法でテキストや画像、メジャー、リンクを追加して書式設定ができます。

シートの編集中にテキストと画像のビジュアライゼーションにフォーカスがない場合は、2 回クリックして編集ツールバーを開いてください。編集ツールバーでは、色やサイズ、スタイルなどのテキスト プロパティを書式設定したり、テキストの位置合わせをしたりできます。さらに、リンクと画像を追加するオプションもあります。

リンクの作成

テキスト セクションにマークを付けて、リンク用に使用できます。

プレフィックスを追加しなければ、Web アドレスを追加しているものと想定して http:// が自動的に追加されます。

次の手順を実行します。

  1. リンクに使用したいテキスト セクションを選択します。

  2. 編集ツールバーのをクリックして、 Linked Objectリンクのダイアログを開きます。

  3. リンク先の Web アドレスを入力します。

  4. 削除するカスタム フィルターの横をクリック Linked Object.

リンクの削除

リンクはテキスト セクションから削除できます。

次の手順を実行します。

  1. リンク内にカーソルを置いた状態で、リンクをクリックします。

  2. 編集ツールバーのをクリックして、 Linked Objectリンクのダイアログを開きます。

  3. 削除するカスタム フィルターの横をクリック Delete.

リンクは削除されますが、テキストは残ります。

画像の追加

編集ツールバーを使用して画像を追加できます。サムネイルには、既定の画像のうちの 1 つを使用することも、独自の画像を使用することもできます。

  1. 編集ツールバーでをクリック media libraryします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

    次の形式がサポートされています。pngjpgjpeg、およびgif

    Qlik Sense の場合: メディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーに画像をアップロードできます。画像をデフォルト フォルダにアップロードするには、Qlik Management Console を使用する必要があります。

    Qlik Sense Desktop の場合: コンピューター上の次のフォルダーに画像を配置できますC:\Users\<user>\Documents\Qlik\Sense\Content\Default。メディア ライブラリの [default] (既定) フォルダーから画像を使用できます。アプリをインストール間で移動すると、アプリで使用する画像はアプリと一緒に qvf ファイルに保存されます。新しい場所でアプリを開くと、画像はアプリのメディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーにあります。

  2. メディア ライブラリ内の [アプリ内] や [既定] といったフォルダーをクリックします。
  3. 追加したい画像を選択します。

  4. [挿入] をクリックします。

    注: また、追加する画像ファイルを右クリックして [挿入] を選択します。
注: プロパティ パネルで背景画像を追加し、画像にテキストを挿入したい場合などに使用できます。編集ツールバーで追加された画像は背景画像ではありません。

詳しくは「Qlik Sense サイトの管理: コンテンツ ライブラリにオブジェクトをアップロード」を参照してください。

メジャーの追加

メジャーは以下の方法で追加できます。

  • アセット パネルから項目をドラッグして、メジャーとして追加します。
  • [マスター アイテム] からメジャーをドラッグします。
  • プロパティ パネルからメジャー (既存または新規) を追加します。

メジャーの編集中はトークンとして表示されるため、ビジュアライゼーション内でスタイルの設定や移動ができます。また、数字の書式設定を適用できます。エディタを閉じると、メジャーの値が表示されます。集計できない値は、ハイフン (-) として表示されます。

メジャーの削除

メジャーは以下の方法で削除できます。

  • トークンの前にカーソルを置き、削除ボタンを押します。
  • トークンの後にカーソルを置き、バックスペースを押します。
  • プロパティ パネルで、メジャーを右クリックし、ダイアログで [削除] を選択します。
  • プロパティ パネルで、メジャーをクリックし、[削除] をクリックしますDelete