メイン コンテンツをスキップする

変数の作成

このページ上

変数の作成

Qlik Sense の変数はエンティティと呼ばれ、データ値が含まれています。変数が数式で使用されている場合、変数には値または変数の定義が代入されます。 変数は、変数の概要を使用して定義するか、データ ロード エディタを使用してスクリプト内に定義します。

未公開アプリでシートを編集する際には、変数の概要で新しい変数を作成できます。

  1. シートの編集時に、シートの編集バーで Variablesをクリックして、変数一覧を開きます。

    変数の概要が開きます。

  2. [新規作成] をクリックします。

    変数の次の入力項目が表示されます。

    • [名前] (必須)
    • [定義]
    • [説明]
    • タグ

    新しい変数の作成をキャンセルする場合は、Esc キーを押すか、 Deleteをクリックします。すべての入力項目が空の場合は、変数の概要の新しい変数セクションの外側をクリックするか、変数の概要ウィンドウの外側をクリックしてキャンセルすることもできます。

  3. 変数の名前を入力します (必須)。名前を選択する際には、次のガイドラインに従います。

    • 作成した変数の名前は変更できません。
    • 先頭には文字を使用します。数字や記号は使用できません。
    • Qlik Senseでは、変数に項目や関数と同じ名前を付けることは推奨されていません。

      詳細については、「名前の解釈方法」を参照してください。

    • Qlik Sense 式では、一部の文字が特殊な用途を持ちます。そのため、変数の名前には $ ( ) [ ] " の文字を使用しないでください。
    • この名前は、一意にする必要があります。変数に、保留変数やシステム変数と同じ名前を設定することはできません。これらの変数は変数の概要に一覧表示されませんが、特定の名前を使用できない場合は、変数の概要に複製されたものが表示されていないときでも、保留変数やシステム変数によってその名前がすでに使用されています。

    • 長い名前はお勧めしません。変数の名前が長すぎると、変数の概要に名前がすべて表示されないことがあります。
  4. 変数の定義を作成します (オプション)。をクリックして、数式エディタに入力できます Expression

    詳細については、「数式エディタでの作業」を参照してください。

    Example:  

    変数の値を今日の日付 (数値で表したもの) に設定します。 

    Num(Today())

  5. 変数の説明を入力します (オプション)。

  6. 手入力でタグを追加して Add tagをクリックするか、Enter キーを押します (オプション)。

  7. をクリックして変数を保存します Edit。変数の概要の新しい変数セクションの外側をクリックするか、変数の概要ウィンドウの外側をクリックして保存することもできます。

    変数がリストの一番上に追加され、[新規] のマークが付きます。

これで新しい変数が作成されました。