メイン コンテンツをスキップする

小型画面でのアプリ体験

このページ上

小型画面でのアプリ体験

小さな画面 (480 ピクセル幅以下) で Qlik Sense を使用する場合も通常のコンピュータと同様、アプリやシート、ビジュアライゼーション、ストーリー内で選択したり、移動したりすることができます。

シート、ストーリー、またはビジュアライゼーションを作成または編集することはできません。Insight Advisor を使用したり、スナップショットを撮ったりすることもできません。

これは、Qlik Sense の優れた応答性によるもので、Qlik Sense を操作するときに、使用するデバイスやブラウザー サイズに合わせてナビゲーション要素とユーザー インターフェース要素が適応されます。

小型画面での Qlik Sense の使用

Qlik Sense を小型画面で使用する場合、アプリ内で探索や発見が可能です。

移動

画面上部の移動パネルを使って、ハブ、アプリ概要、ヘルプを表示できます。下部のナビゲーション パネルはシートやストーリー、ビジュアライゼーションの参照に使用されます。アプリ内を移動しやすくするため、ナビゲーション パネルを非表示にして画面を広く使うこともできます。また、縦表示から横表示に切り替えれば、詳細情報が表示される場合もあります。

ハブ

ユーザーのアクセス権によって、ハブからアクセスできるストリームは異なります。ストリーム内で異なるアプリ間を移動できます。

発見と分析

シート内を移動したり、詳細データを検証したり、各ビジュアライゼーションを全画面表示モードで表示することができます。ビジュアライゼーション間を一度に 1 つずつ移動して、その中で選択を行うことも可能です。全画面表示の場合、一番上にある視覚的な探索メニューにもアクセスできます。

Insight Advisor の使用

Arrow down をクリックして、シート ビューと Insights を切り替えます。[洞察の生成] ボタンをクリックして、ビジュアライゼーションの単一列リストを作成します。Insights の詳細については、Insight Advisor でのビジュアライゼーションの作成 を参照してください。

データ ストーリーテリングの使用

アプリ内でストーリーを再生できます。編集はできません。ストーリーを再生する場合は、シート ビューに移動してシートを表示し、選択する必要があります。

ブックマークの使用

既存のブックマークを使用することも、独自のブックマークを作成することもできます。