メイン コンテンツをスキップする

QvdFieldName - スクリプト関数

このスクリプト関数は、 QVDファイルの項目番号fieldnoの名前を返します。項目が存在しない場合は、NULLを返します。

Syntax:  

QvdFieldName(filename , fieldno)

Arguments:  

引数
引数 説明
filename

QVD ファイルの名前で、必要な場合はフォルダや Web ファイル データ接続といったパスも含まれます。

Example: 'lib://Table Files/'

レガシー スクリプト モードは、次のパス形式にも対応しています。

  • 絶対パス

    Example: c:\data\

  • Qlik Sense アプリ作業ディレクトリへの相対パス。

    Example: data\

  • インターネットまたはイントラネット上の位置を示す URL アドレス (HTTP あるいは FTP)。

    Example: http://www.qlik.com

fieldno QVDファイルに含まれる表内の項目の番号です。

Examples:  

QvdFieldName ('MyFile.qvd', 5)

QvdFieldName ('C:\MyDir\MyFile.qvd', 5)

QvdFieldName ('lib://data\MyFile.qvd', 5)

3 つの例はすべて、QVDファイルに含まれる表の 5 番目の項目の名前を返します。