メイン コンテンツをスキップする

例:QlikView converter を使用して QlikView コンテンツを Qlik Sense に移動

このページ上

関連する学習

例:QlikView converter を使用して QlikView コンテンツを Qlik Sense に移動

このトピックでは、QlikView のドキュメントを Qlik Sense Enterprise on Windows のアプリに変換する例を示します。

この例では、次のことを行います。

  1. QlikView converter を使用して、Sales.qvw という QlikView ドキュメント内のオブジェクトを変換します。
  2. オブジェクトを Qlik Sense アプリに配置します。
  3. データ ソースを Qlik Sense で使用できるようにします。
  4. Qlik Sense のロード スクリプトを変更して、データ ソースに接続します。

ドキュメントには、Geography および Sales_Country と呼ばれる 2 つのシートが含まれています。

QlikView の Geography シート

Geography sheet in QlikView

QlikView の Sales_Country シート

Sales_Country sheet in QlikView

ドキュメントには、変換される次のオブジェクトが含まれています。

  • チャート
  • リスト ボックス。これらは、Qlik Sense のフィルター パネルとして読み込まれます。
  • テーブル ボックス
  • データ モデル
  • ロード スクリプト。Qlik Sense でディレクトリ パスが変更されます。また、データ ファイルは Qlik Sense をアップロードして、スクリプトでロードできるようにします。

[検索] ボックス、および [選択のクリア] ボタンと [エクスポート] ボタンは変換されません。この機能は Qlik Sense に組み込まれています。

Qlik SenseQlikView の動作を再現するその他の例については、例:Qlik Sense で QlikView コンテンツを手動で再作成 を参照してください。

要件

  • Qlik Sense Enterprise on WindowsDev Hub へのアクセス。
  • データ ファイルを Qlik Sense サーバーにアップロードする権限。これは、例のデータ ロード部分でのみ必要です。

制限

  • QlikView converter を使用して、ディスク上の 500 MB を超えるドキュメントを変換することはできません。ドキュメントのデータ量を減らすか、データなしでドキュメントを保存して、アセットを失うことなくドキュメントのサイズを減らすことができます。

基本的な QlikView ドキュメントを Qlik Sense アプリに変換する

この例では、次のことを行います。

  1. Qlik SenseDev Hub を開き、QlikView converter を選択します。

    詳細については、「QlikView converter (英語のみ)」を参照してください。

  2. Sales.qvw ドキュメントをコンバーターにドラッグ アンド ドロップします。Qlik Sense はドキュメントを処理します。
  3. Sales ドキュメントを選択し、[ビジュアライゼーション] タブで Geography シート (SH02) のすべてのオブジェクトを選択します。また、Country フィルター ペインを除いて、Sales_Country (SH04) シートのすべてのオブジェクトを選択します。このテーブルは両方のシートに表示されるため、コンバーターで繰り返されます。

    オブジェクトは Qlik Sense のマスター アイテムとして作成されます。Qlik Sense で不要になったマスター アイテムは後で削除できます。

    コンバーター ツールの Sales ドキュメントの [ビジュアライゼーション] タブ

    Visualizations tab in Sales document in converter tool.

  4. 変換されるオブジェクトのその他のタブを確認します。名前が重複する軸またはメジャーがある場合は、Qlik Sense での混乱を避けるために、名前を変更できます。

    コンバーター ツールの Sales ドキュメントの [軸] タブ

    Dimensions tab in Sales document in converter tool.

  5. [アプリの作成] をクリックします。Sales アプリは Qlik Sense ハブで作成されます。

    Qlik SenseSales アプリ。

    Sales app in Qlik Sense.

  6. Sales アプリを開き、新しいシートを作成します。シートに Geography という名前を付けます。
  7. シートを開き、[シートの編集] をクリックして、[マスター アイテム] をクリックします。変換された軸、メジャー、ビジュアライゼーションは、それぞれのタブに一覧表示されます。

    変換された軸、メジャー、ビジュアライゼーション

    Converted dimensions, measures, and visualizations.

  8. オブジェクトをクリックして詳細を表示します。タグ converter-auto-created は、オブジェクトがコンバーターによって作成されたことを示します。

    Population のビジュアライゼーションに関する情報

    More information about Population visualization.

  9. 次のマスター ビジュアライゼーションをシートにドラッグします。

    • 通貨
    • Population(mio)
    • Area(km.sq)
    • テーブル ボックス
    • 人口
    オブジェクトが変換された地域シート

    Drag objects onto sheet.

  10. Population チャートの並べ替えを調整します。
    1. Population チャートをクリックし、マスター アイテムの編集を選択します。

      Drag objects onto sheet.

      [マスター ビジュアライゼーションの編集] ウィンドウが開きます。

    2. [プロパティ] パネルで [ソート] をクリックし、PopulationCountry の上に移動します。これにより、チャートが元の QlikView ドキュメントのチャートと一致するようにデータが再ソートされます。

      マスター ビジュアライゼーションを編集

      Edit master visualization.

    3. [完了] をクリックします。[マスター ビジュアライゼーションの編集] ウィンドウが閉じ、ビジュアライゼーションがシートで更新されます。Geography シートが完成しました。

      完成した Geography シート

      Completed Geographysheet.

      シートで選択を行うと、選択ツールバーで選択を解除できます。これにより、QlikView の [選択のクリア] ボックスが置き換えられます。

      Geography シートでの選択

      Selection in Geography sheet.

  11. [マスター アイテム] からシートにビジュアライゼーションをドラッグして、Sales_Country シートを再作成します。

    Sales_Country シート

    Sales_Country sheet.

  12. キーボードの Control + F キーを押すと、いつでもグローバル検索を開くことができます。これは QlikView の検索ボックスを置き換えます

    グローバル検索

    Global search.

  13. データをダウンロードするには、オブジェクトを右クリックして、[...としてダウンロード] をクリックし、次に [データ] をクリックします。

    データのダウンロード

    Download data.

  14. Qlik Sense サーバー上の Data Sources というフォルダーにデータ ファイルをアップロードします。これにより、データ ロード スクリプトを使用してファイルに接続できます。
  15. 次に、Sales アプリから接続を作成します。
    1. 上部ツール バーの [準備] タブから [データ ロード エディタ] を開きます。
    2. [新しい接続の作成] をクリックし、開いたウィンドウで [フォルダー] を選択します。
    3. Data Sources フォルダーに移動して選択します。接続に名前を指定して [作成] をクリックします。

      接続を新規作成

      Create new connection window.

      接続が作成され、[データ接続] に追加されます。

      データ接続

      Data connections.

  16. 次に、データ接続を参照するように、[データ ロード エディタ] のロード スクリプトでディレクトリ パスを変更します。QlikView からインポートされたスクリプトには QlikView のローカル ディレクトリへのパスが含まれているため、パスを変更する必要があります。

    ローカル ディレクトリを参照するデータ ロード スクリプト

    Data load script referring to local directory.

    上記の例では、次のように変更します。

    FROM [Data Sources\Country1.csv]

    変更後:

    FROM [lib://Data Sources (<user_id>)/Country1.csv]

    接続を確立するには <user_id> が必要です。

    次に、スクリプト内のすべての Load ステートメントに変更を加えます。

  17. [データのロード] をクリックしてデータをロードすることができます。進行状況ウィンドウに、データがロードされたことが示されます。

    データのロード進行状況

    Population as alternative measure.