メイン コンテンツをスキップする

QlikViewQlik Sense の比較

このトピックでは、QlikViewQlik Sense の主な類似点と相違点について説明します。

ドキュメントとアプリ

QlikView ドキュメントと Qlik Sense アプリのアーキテクチャは似ています。どちらも、分析用のデータを表示するために使用されるコンテナ オブジェクトです。これらには、データ接続、ロード スクリプト、データ モデル、シート、チャート、変数などを含めることができます。

開発と消費

QlikViewQlik Sense の両方で、データを分析する前にアプリまたはドキュメントを構築する必要があります。これは次を意味します。

  1. アプリにロードするデータを定義するロード スクリプトを作成して実行します。 ロード スクリプトは、1 つ以上のデータ ソースからアプリにデータをプルし、すべての分析の基礎となるデータ モデルを作成します。
  2. 分析に必要なユーザー インターフェイスの作成。つまり、さまざまなビジュアライゼーション (棒グラフ、円グラフ、テーブルなど)、さまざまな KPI を定義するさまざまな数式、およびさまざまな選択オブジェクト (リスト ボックス、スライダー、入力ボックスなど) を作成するということです。また、例えばシート上でさまざまなコンポーネントを視覚的にグループ化することもできるため、コンテンツに慣れていないユーザーにデータが表示されます。

従来、これらの 2 つのステップは、データの主要な消費者ではない専任のビジネス インテリジェンス エキスパートが行っていました。データの主な消費者は、アプリを使用するビジネス ユーザーです。 このシナリオは、ビジネス ユーザーがある程度分析するデータを案内されるため、ガイド型アナリティクスと呼ばれることがよくあります。ただし、消費者はどの選択を行うかについては案内されません。アプリ内の任意のものを任意の順序で選択する自由があります。

Qlik SenseQlikView の両方をガイド型アナリティクスに使用できます。

ただし、Qlik Sense はセルフサービスをサポートするためにも開発されました。このシナリオでは、ビジネス ユーザーが、専門家の特別な支援なしにアプリをゼロから作成したり、コンテンツをアプリに追加したりできます。上記の 2 つのステップは、セルフサービスの状況でも有効ですが、製品にはユーザーがコンテンツを作成および共有するのに役立つ多数のツールがあります。

そのため、Qlik Sense はセルフサービス用として優れたツールです。QlikView では、ある程度のセルフサービスがまだ可能ですが、ユーザーのはるかに高いレベルの技術的熟練が要求されます。

開発ツール

QlikView では、アプリを開発できるようにデスクトップ バージョンが必要です。 開発は QlikView サーバーに接続せずにローカルで行われます。QlikView DesktopMicrosoft Windows. でのみ実行されます

Qlik Sense では、Qlik Sense サーバーに接続されているウェブ クライアントを使用してアプリを開発できます。これは、ユーザーが 異なるオペレーティング システムをコンピューターにインストールできることを意味します。したがって、Qlik Sense ソリューションは QlikView ソリューションよりも多くのユーザーにアクセスを提供します。

ソースから分析へのデータの移動

QlikViewQlik Sense の両方で、データは特定の時点でロードされ、メモリで分析されます。

分析は、実際のデータのスナップショットであるデータ セットに対して行われます。スナップショットは、アプリのロード スクリプトが実行された時点のものです。例えば 15 秒ごとなど、より頻繁にロード スクリプトを実行することで、ほぼリアルタイムで行えますが、分析をリアルタイムで行うことはできません。

管理の観点からは、最初にアプリを作成し、その次にビジネス要件に従ってデータを更新する (スクリプトを実行する) ようにスケジューラをセットアップすることを意味します。

データ接続

QlikView にはデータ接続のライブラリがありません。

Qlik Sense には、すべての LoadSelect ステートメントに使用する必要があるデータ接続のライブラリがあります。ライブラリを使用すると、データ ソースをアプリ間で再利用できます。また、すべての接続がライブラリで定義されている場合は、管理ガバナンスを強制することも簡単です。

スクリプト エディター

QlikView では、データをロードするためのグラフィカル インターフェイスがありません。アプリ開発者は、スクリプト エディタでロード スクリプトを作成する必要があります。

Qlik Sense では、スクリプト エディタでロード スクリプトを作成することもできます。ただし、データ マネージャーのグラフィカル インターフェイスを使用してデータをロードすることもできます。データ マネージャーがロードスクリプトを作成するため、スクリプトを確認することなくデータをロードできます。しかし、まだスクリプトがあり、そのスクリプトはそのデータ モデルを定義します。

スクリプト構文

QlikViewQlik Sense のスクリプト構文は、ほとんど同じです。ただし、スクリプトの作成方法には顕著な違いがあります。

ファイル パス

QlikView スクリプトでは、ソースとして使用されるファイルを指すファイル パスを持つことができます。これは、例えば、Microsoft Excel または Microsoft Access データベースにすることができます。

Qlik Sense ではファイル パスをデータ接続で定義する必要があるため、これを行うことはできません。これは、ユーザーがハード ディスクのアクセスしてはいけない部分にアクセスできないため、より安全です。ただし、include ステートメントを使用するスクリプトの一部を再利用する機能も制限されます。include ステートメントが参照するスクリプト ファイルをライブラリに配置する必要があり、スクリプト ファイル内のファイル参照もライブラリ参照を使用する必要があります。

自動カレンダー

QlikView では、アプリ開発者が手動でカレンダーを作成する必要があります。

Qlik Sense では、データ マネージャーによってカレンダーが自動的に作成されます。カレンダーは、QlikView には存在しない自動取得項目と呼ばれる機能を使用します。

ウェブ ファイルからロード

QlikView では、ウェブ テーブルから直接ロードする Load ステートメントを使用できます。

Qlik Senseでは、ウェブ ファイル データ接続からデータをロードします。

セクション アクセス

QlikViewQlik Sense の両方でセクション アクセスを使用して、認証を定義できます。基本的な機能は同じです。セクション アクセスは、外部から提供された user ID を認証テーブルの内容と比較します。

ただし、このテーブルの内容は 2 つの製品間で若干異なります。

QlikView では、認証されたユーザーの名前を NTNAME という項目に格納する必要があります。Qlik Sense では、対応する項目は USERID と呼ばれます。どちらの場合も、Windows 統合セキュリティが使用されていない場合を含め、この項目は認証済みユーザーに使用されます。

QlikView では、セキュリティ グループを NTNAME に格納できます。Qlik Sense では、セキュリティ グループは GROUPS と呼ばれる別の項目に格納する必要があります。

QlikView には、認証に使用できる追加の項目 NTSIDNTDOMAINSID があります。どちらも Windows の内部セキュリティ ID を参照します。これらの項目は Qlik Sense には存在しません。

QlikView では、安全な環境を確保するために、レガシー項目 SERIAL USERIDPASSWORD を使用しないでください。これらの項目は Qlik Sense には存在しません。

どちらの製品でも、アプリがサーバーで公開されると、適切なセキュリティ レベルが達成されます。ただし、セクション アクセスのあるファイルをデスクトップ バージョンで開いた場合、2 つの製品の動作は異なります。QlikView Desktop では、NTNAME はオペレーティング システムによって提供される Windows ユーザー名と照合され、それが正しい場合、ユーザーはファイルを開くことができます。Qlik Sense Desktop では、プログラムはファイルを開くことを拒否します。

ドキュメントとコンテンツの管理

どちらの製品にも、アプリまたはドキュメント レベルでいくつかのプロパティがあります。これには、アプリ名、テーマ、スタイルが含まれます。QlikView では、すべての関連プロパティが [ドキュメント プロパティ] ウィンドウに収集されます。Qlik Sense では、プロパティにはアプリ概要からアクセスできます。

QlikView には、アプリ内のすべての数式をリストする数式一覧ダイアログがあります。アプリ内のすべての数式の中から文字列を検索して置き換えることができます。

Qlik Sense では、マスター アイテムを使用して、アプリの多くの場所で使用できる軸とメジャーを定義できます。