メイン コンテンツをスキップする

数式でのマスター メジャーの使用

このページ上

数式でのマスター メジャーの使用

数式でマスター メジャーを使用できます。マスター メジャーを単独で使用することも、それを使用してより複雑な数式を作成することもできます。

[数式エディタ] に入力すると、一致するマスター メジャーのオートコンプリート リストが開きます。

数式エディタのマスター メジャー
Master measure in expression editor.

注: マスター メジャーが名前変更または削除されると、数式内の参照は自動的に更新されます。古い参照は、その名前でメジャーがないため 数式で NULL を返します。

例: 数式でのマスター メジャーの使用

この例では、マスター メジャーを作成してから、チャートの数式でマスター メジャーを使用します。

  1. マスター メジャーを作成します。

    1. アセット パネルで、[マスター アイテム] をクリックします。
    2. [メジャー] の下にある [新規作成] をクリックします。

      [新しいメジャーの作成] ボタン
      Create new measure button.

    3. [新しいメジャーの作成] ダイアログ ボックスで、マスター メジャーの [名前] を入力し、Expression をクリックして数式エディタを開きます。

      新しいメジャー ダイアログ ボックスの作成
      Create new measure window.

    4. 数式エディタで、数式を作成します。

      数式を入力するか、数式ビルダー パネルで利用可能なオプションを使用できます。詳しくは「数式エディタでの作業」を参照してください。

      数式ビルダー Count(distinct item) を使用して数式を挿入し、[適用] をクリックします。

      数式エディタで数式を追加
      Add expression window.

    5. [新しいメジャーの作成] ダイアログ ボックスで、[作成] をクリックします。

      メジャーの作成
      Create measure.

      新しいマスター メジャーが作成されます。

      新しいマスター メジャー
      Create variable for master measure.

  2. チャートの数式でマスター メジャーを使用します。
    1. アプリのシートに KPI チャートを追加します。

      新しい KPI
      New KPI.

    2. [メジャーの追加] をクリックし、Expression をクリックして KPI の数式エディタを開きます。

      数式エディタを開く
      Open expression editor.

    3. マスター メジャーを数式に入力します。入力すると、利用可能なマスター メジャーのオートコンプリート リストが表示されます。必要に応じて、マスターメジャーを使用して、数式エディタでより複雑な数式を作成できます。

      KPI の数式を追加
      Create variable for master measure.

    4. 数式エディタを閉じて、KPI を表示します。プロパティ パネルで、ラベルを含む KPI のプロパティを変更できます。

      KPI のマスター メジャー
      Create variable for master measure.