メイン コンテンツをスキップする

例:Qlik Sense で QlikView コンテンツを手動で再作成

このページ上

例:Qlik SenseQlikView コンテンツを手動で再作成

特定のビジュアライゼーションやその他のオブジェクトは、QlikView converter を使用して変換できません。このトピックでは、Qlik Sense のコンテンツの一部を手動で再作成する方法の例を示します。

この例では、次のようにして、QlikView ドキュメント Customers.qvwQlik Sense に再作成します。

  1. QlikView converter を使用して、Customers.qvw という QlikView ドキュメント内のいくつかのオブジェクトを変換します。
  2. それらの QlikView オブジェクトを Qlik Sense アプリに配置します。
  3. Qlik Sense アプリで変換されなかった QlikView オブジェクトを手動で再作成します。

Customers には 4 つのシートが含まれています。

  • Main
  • Container object
  • Conditional show
  • Forecast
QlikViewCustomers ドキュメントの Main シート

Main sheet in Customers.qvw

QlikViewCustomers ドキュメントの Container object シート

Container object sheet in Customers.qvw

QlikViewCustomers ドキュメントの Conditional show シート

Conditional show sheet in Customers.qvw

QlikViewCustomers ドキュメントの Forecast シート

Forecast sheet in Customers.qvw

ドキュメントには、コンバーターが変換するか、Qlik Sense で手動で再作成する次のオブジェクトが含まれます。

  • Main シート:
    • リスト ボックス (コンバーター)
  • Container object シート:
    • ビジュアライゼーション (コンバーター)
    • コンテナ (手動)
  • Conditional show シート:
    • リスト ボックス (コンバーター)
    • 条件付き表示機能を使用するテーブル ボックス (手動)
    • テキスト オブジェクト (手動)
  • Forecast シート:
    • チャート (コンバーター)
    • ユーザー入力用の変数付きスライダー ボックス (手動)

要件

  • Qlik Sense Enterprise on WindowsDev Hub へのアクセス。

制限

  • QlikView converter を使用して、ディスク上の 500 MB を超えるドキュメントを変換することはできません。ドキュメントのデータ量を減らすか、データなしでドキュメントを保存して、アセットを失うことなくドキュメントのサイズを減らすことができます。

QlikView ドキュメントを Qlik Sense アプリとして再作成

この例では、次のことを行います。

  1. Qlik SenseDev Hub を開き、QlikView converter を選択します。

    詳細については、「QlikView converter (英語のみ)」を参照してください。

  2. Customers.qvw ドキュメントをコンバーターにドラッグ アンド ドロップします。Qlik Sense はドキュメントを処理します。

  3. Customers.qvw ドキュメントを選択し、[ビジュアライゼーション] タブですべてのオブジェクトを選択します

    コンバーター ツールの Customers ドキュメントの [ビジュアライゼーション] タブ

    Visualizations tab in Customers document in converter tool.

  4. タブを確認して、[アプリの作成] をクリックします。Customers アプリは Qlik Sense ハブで作成されます。オブジェクトは、アセットパネルでマスターアイテムとして作成されます。[変数] ウィンドウで新しい変数にアクセスして作成できます。

    Qlik Sense のアセット パネル

    Assets panel in Qlik Sense.
  5. Customers アプリを開き、新しいシートを作成します。シートに Main という名前を付けます。[マスター アイテム] をクリックし、次のテーブルをシートにドラッグします。
    • Country
    • City
    • Customer
    • ProductName
    Customers アプリで完成した Main シート

    Completed Main sheet in Customers app.

    注: QlikView converter を使用して Qlik Sense アプリを作成する詳細な手順については、例:QlikView converter を使用して QlikView コンテンツを Qlik Sense に移動 を参照してください
  6. 新しいシートを作成し、Container object という名前を付けます。
  7. QlikView のコンテナから動作を再作成します。
    1. シートの [シートの編集] をクリックし、[チャート] をクリックします。コンテナ オブジェクトがリストされます。

      チャートのコンテナ

      Container chart.

    2. コンテナをシートにドラッグします。

      シート上のコンテナ

      Container on sheet.

    3. マスター アイテムから、Sales by CountryTop 20 customers and # of ordersSales By Category をコンテナに追加します。編集が終わったら、それぞれのタブをクリックして各チャートを表示できます。

      完成した Container object シート

      Add content to container.

  8. 新しいシートを作成し、Conditional show という名前を付けます。
  9. QlikView のテーブル ボックスから動作を再作成します。条件付き show 関数が true と評価されると、テーブルが表示されます。
    1. マスター アイテムから、CustomerOrderDateOrderID テーブルをシートにドラッグします。
    2. チャートから、新しいテーブルをシートにドラッグし、Conditional table という名前を付けます。
    3. ProductName を軸としてテーブルに追加します。QuantityUnit PricePrice をメジャーとしてテーブルに追加します。

      Conditional show シート

      Conditional show sheet.

    4. Conditional table をクリックし、[プロパティ] パネルの [アドオン] をクリックして、[データ処理] をクリックします。
    5. 演算実行条件として以下を入力します。Count (distinct OrderID)=1

      これは、QlikView の表示条件に使用されたものと同じ数式です。

    6. 表示されたメッセージSelect one value in the OrderID table を入力します。

      Conditional table を変更

      Modify Conditional table.

      編集が完了したら、OrderID テーブルの値を選択して、関連するデータを Conditional table に表示できます。

      Order ID の値を 1 つ選択してください

      Modify Conditional table.

      Conditional table の関連データ

      Associated data in Conditional table.

  10. チャートから、テキストと画像をシートにドラッグします。

    チャートのテキストと画像

    Text & image in Charts.

  11. 次のテキストを追加します。詳細を表示する注文を 1 つ選択してください
  12. チャートから、KPI をシートにドラッグします。

    チャートの KPI

    Conditional show sheet.

  13. [プロパティ] パネルの [データ] で、メジャーの数式として =Sum(Price) を入力し、LabelTotal value of order を入力します。

    KPI の構成

    Configure KPI.

    また、演算実行条件表示されたメッセージConditional table と同じ値に設定します。

    編集が完了したら、OrderID テーブルの値を選択して、関連するデータを Conditional table と KPI に表示できます。

    Order ID の値を 1 つ選択してください

    Configure KPI.

    完成した Conditional show シート

    Conditional show sheet.

  14. 新しいシートを作成し、Forecast という名前を付けます。
  15. QlikView から Next year forecast テーブルを再作成します。
    1. マスター アイテムビジュアライゼーションから、Next year forecast をシートにドラッグします。

      Next year forecast ビジュアライゼーション

      Next year forecast visualization.

    2. ビジュアライゼーションをクリックし、リンクされたマスター アイテムを編集します。

      マスター アイテムの編集

      Edit master item.

    3. [プロパティ] パネルの [スタイル/プレゼンテーション] で、ビューを [積み上げ] から [グループ化] に変更します[色と凡例] で、[凡例を表示] を [自動] に設定します。

      チャート プレゼンテーション

      Chart presentation.

      編集が完了すると、ビジュアライゼーションのスタイルは QlikView のものに似ています。

      完成した Next year forecast のビジュアライゼーション

      Completed Next year forecast visualization.

  16. Forecast シートの QlikView からスライダー ボックスを再作成します。スライダーは、ユーザー入力に変数を使用します。変数はコンバーターによってコピーされました。
    1. カスタム オブジェクトQlik Dashboard バンドルから、変数入力をシートにドラッグします。

      カスタム オブジェクトの変数入力

      Variable input in Custom objects.

    2. プロパティ パネルの [スタイル/基本設定] で、タイトルChange next year in % と入力します。
    3. [変数] で、[名前] の下の [Forecast] 変数を選択し、[表示の設定] の下の [スライダー] を選択します。

    4. [] で、[最小] を -10、[最大] を 25、[ステップ]を 5 に設定します。最後に、[スライダー ラベル] を選択します。

      変数入力の構成

      Variable input.

      編集が終わったら、スライダーを使用して予測を変更できます。

      完成した Forecast シート

      Slider on forecast sheet.