メイン コンテンツをスキップする

Adding data from uploaded data files

You can upload certain file types and load that data in Data load editor or Data manager.

To make data from files available in your app, you must:

  • Upload your data files to your cloud. Each data file must be 500 MB or less.
  • Add the data to your app. This is a preliminary step that allows you to select and prepare the data that you want to load.
  • Load the data into your app. When you are done selecting and preparing the data, you can load the data into your app. After you load the data, you can use it to create visualizations in your app.
注: This functionality is not available in Windows.
注: DataFiles 接続のファイル拡張子は大文字と小文字を区別します。例: .qvd

Uploading your data files to your cloud

You can upload data files to your cloud from the DataFiles window. There are different ways to open this window.

In a new app

次の手順を実行します。

  1. Open the app.
  2. Click Add data from files and other sources.
  3. In the left menu, click Data files.
  4. Under Folder shortcuts, click DataFiles, and then upload a data file.

In an existing app

次の手順を実行します。

  1. Open the app.
  2. In the top menu, click the Data tab, and then click Add data.
  3. In the left menu, click Data files.
  4. Under Folder shortcuts, click DataFiles, and then upload a data file.

In the Data load editor from an existing DataFile connection

次の手順を実行します。

  1. Open the app.
  2. Open the Data load editor.
  3. Go to the Data connections window on the right. You will see folders from personal and shared spaces, you can access.
  4. Choose a DataFiles folder, and click Select data.

After you have uploaded a file to your cloud, you can add the data to you app, and then load data into your app.

Loading data into your app

警告:

[データ ロード エディター] で、同じ名前および同じ列でスクリプト化されたテーブルとして既に追加済みのテーブルは、[データ マネージャー] に追加しないでください。

In Data manager

注: In Data Manager, data files can only be uploaded or read from your personal space or the current space of the app.

次の手順を実行します。

  1. Open an app.
  2. データ マネージャー を開いて、ú をクリックします。¨ メニューで [データの追加] をクリックすることもできます。 Adding data allows you to select and prepare your data before you load the data into your app.
  3. Click Data files.
  4. Choose the file that contains your data. Qlik Sense provides you with a preview of your data.
  5. Select the tables and fields to load.

  6. [データの追加] をクリックして、データ マネージャーの [関連付け] ビューでデータを開きます。これにより、データ マネージャーでのデータ ソースの追加、データの変換、テーブルの関連付けを続行できます。

    データ プロファイリングは、[データの追加] をクリックするとデフォルトで有効になります。データ プロファイリングでは次の処理が行われます。

    • データ関連付けを推奨する。
    • テーブル間の共通項目を自動記述する。これにより、テーブル名に基づいて一意のプレフィックスが追加されます。
    • 日付項目と時刻項目を autoCalendar にマッピングする。

    テーブルは共通の項目名で自動的に関連付けられません。テーブルは [関連付け] ビューで関連付けることができます。

    ヒント: データをアプリに直接ロードする場合は、¥ をクリックしてからデータ プロファイリングを無効にします。これによっても、データを追加するときに、すべての既存データがデータ ソースから再ロードされます。テーブルは共通の項目名で自動的に関連付けられます。日付項目と時刻項目は作成されません。
  7. データの準備が完了したら、[データのロード] をクリックします。重大な問題が検出された場合は、[データ マネージャー] で解決してからアプリにデータをロードする必要があります。

From a data connection in the data load editor

You can go to Data Connections, and use the Data SelectionSelect data dialog to select data to load.

For more information, see データ ロード エディタでデータを選択.

From a file by writing script code

Files are loaded using a LOAD statement in the script. LOAD statements can include the full set of script expressions. To read in data from another Qlik Sense app, you can use a Binary statement.

For more information, see Load.

Uploading an updated data file

To update data in an app, you can upload an updated data file with the same name as the file you that you previously uploaded. When prompted, choose the replace the previous file. After you have uploaded the data file, you can reload the data into your app.