Qlik Sense 3.1 SR2 以降のアンインストール後の Qlik Sense June 2017 以降へのアップグレード

Qlik Sense をアンインストールしたけれども PostgreSQL データベースは保持していて、Qlik Sense June 2017 以降にアップグレードしたいと考えている場合、データベース ダンプ ファイルを作成し、PostgreSQL データベースを手動で復元する必要があります。カスタム パラメーターも手動で構成しなおす必要があります。

次の手順を実行します。

  1. PostgreSQL フォルダーを %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL から %ProgramData% フォルダー以外の一時保存場所にコピーします。
  2. PostgreSQL Web サイトから PostgreSQL バージョン 9.6 をダウンロードし、インストールします。詳しくは、「PostgreSQL のインストールと構成」を参照してください。
  3. Microsoft Windows にコマンド プロンプトを開きます。
    警告: pg_ctl.exe コマンドは管理者として実行しないでください。
  4. PostgreSQL リポジトリ データベースがインストールされている場所 (%ProgramFiles%\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin) に移動し、次のコマンドを実行します。
    1. pg_ctl.exe start -w -D "C:\SenseDB\9.6"
    2. set PGUSER=postgres
    3. set PGPASSWORD=password
    4. pg_dumpall.exe > [<ダンプ ファイルのパス>]
    5. pg_ctl.exe stop -w -D "C:\SenseDB\9.6"
  5. [コマンド プロンプト] のウィンドウで、Qlik_Sense_setup.exe ファイルを含むフォルダに移動します。

  6. 次のコマンドを実行し、Qlik Sense をインストールして Qlik Sense Repository Database を復元します。
    Qlik_Sense_setup.exe databasedumpfile=<ダンプ ファイルへのパス>

    警告: ダンプ ファイルのパスは絶対パスとして入力する必要があります。相対パスを使用すると、インストールが正しく行われません。
  7. 設定に従ってインストールを完了させます。詳細については、「Qlik Sense Enterprise on Windows の展開」を参照してください。