サービス

Qlik Sense サービスは Microsoft Windows のサービスとして動作します。これはシングル サーバー上に、または、Qlik Sense サイトの専用のロールを持つ別のサーバー ノード上に展開することができます。例えば、スケジューラー サービスのみが動作し、アプリのリロードを管理するスケジューラー ノードを展開することができます。

Qlik Sense サービスの種類には以下があります。

Qlik Sense Repository Service (QRS)

アプリを実行して機能させ、リポジトリ データベースに接続するために、すべての Qlik Sense サービスで必要となります。Qlik Sense Repository Service は、持続性、ライセンス、セキュリティ、サービス構成データを管理します。QRS は、アプリを実行および提供するその他すべての Qlik Sense サービスで必要です。マルチノード サイト内では、ノードごとに Qlik Sense Repository Service (QRS) のインスタンスが 1 つ動作し、共有リポジトリ データベースに接続されます。

また、QRS はアプリの構造とバイナリ ファイルのパスを保存します。アプリ データはファイル共有に .qvf ファイルとして保存されます。

パス

下の表は、Qlik Sense Repository Service (QRS) によって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\Repository.exe
データ %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository
ログ

%ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Repository

参照先: ログ

リポジトリ データベース

Qlik Sense の既定インストールの場合、リポジトリ データベースは、そのリポジトリ用に特別に独自のデータベース クラスターを実行している、ローカルにインストールされた PostgreSQL のインスタンスです。

既定の Qlik Sense インストールのリポジトリ データベース関連のファイルはすべて、以下のフォルダに保存されます。

%ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL

起動モード

管理者権限のないサービス アカウントで Qlik Sense を展開する必要がある場合、次のパラメーターを使用して、起動モードで Qlik Sense Repository Service を開始できます。

参照先: Qlik Sense サービスを実行するためのユーザー アカウントの変更

  • -bootstrap

    Qlik Sense Repository Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=install

    インストール時に Qlik Sense Repository Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=uninstall

    Qlik Sense のアンインストール時にはこのパラメータを使用します。

  • -iscentral

    セントラル ノードをインストールまたは構成する場合は、起動フラグに加えてこのフラグを使用します。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense Repository Database 以外のすべての Qlik Sense サービスを停止します。
  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから repository.exe -bootstrap を実行します。
  3. Qlik Sense サービスを開始します。
注: デフォルトでは、Qlik Sense を管理者アカウントで実行しているとき、Qlik Sense サービスが再起動されるたびに起動が実行されます。Qlik Sense リポジトリで自動起動を無効にするには、構成ファイルを更新する必要があります。デフォルトでは、Repository.exe.config ファイルは Qlik Sense マシンの C:\Program Files\Qlik\Sense\Repository\ にあります。構成ファイルを編集し、DisableAutomaticBootstrap キーの値を true に変更します。Windows のサービス アプリケーションを使用して Qlik Sense Repository Service を再起動し、この構成を有効にします。

指標

本セクションでは、Qlik Sense Repository Service (QRS) に関連づけられている指標を一覧表示しています。

表示する指標の選択

REST API 指標

次の指標が、Microsoft Windows のパフォーマンス モニターで使用できます。

  • DELETE コール数
  • GET コール数
  • POST コール数
  • PUT コール数
  • HTTP ステータス 200 数 (OK)
  • HTTP ステータス 201 数 (作成済)
  • HTTP ステータス 400 数 (不正な要求)
  • HTTP ステータス 401 数 (未承認)
  • HTTP ステータス 403 数 (拒否)
  • HTTP ステータス 406 数 (受け入れ不可)
  • HTTP ステータス 409 数 (競合)
  • HTTP ステータス 415 数 (サポートされていないメディア タイプ)
  • HTTP ステータス 500 数 (内部サーバー エラー)
  • HTTP ステータス 503 数 (サービス利用不可)

Qlik Sense Repository Database (QRD)

既定の Qlik Sense インストールでは、Qlik Sense Repository Service (QRS) は Qlik Sense Repository Database (QRD) サービスを使用して、リポジトリ データベースのデータの読み書きを行います。規定では、PostgreSQL データベースが Qlik Sense と一緒にローカルにインストールされます。それ以外に、PostgreSQL を別の専用のサーバーにインストールすることもできます。

パス

下表は、Qlik Sense Repository Database (QRD) サービスによって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル

Qlik Sense の既定インストールの場合、リポジトリ データベースは、独自のデータベース クラスターを作成する PostgreSQL のインスタンスです。

次のフォルダーには、QRD のための PostgreSQL 実行可能ファイルが含まれています。

%ProgramFiles%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL\<データベース バージョン>\bin

データ %ProgramData%\Qlik\Sense\Repository\PostgreSQL
ログ QRD サービスのログはありません。代わりに、PostgreSQL ログ ファイルを確認してください。

Qlik Sense Proxy Service (QPS)

Qlik Sense Proxy Service (QPS) は、サイトの認証やセッションの取り扱い、負荷分散を管理します。

マルチノード サイトのセントラル ノードには、ハブ用ではなく、Qlik Management Console (QMC) 用に使用される、専用の Qlik Sense Proxy Service (QPS) を実装する必要があります。

パス

下の表は、Qlik Sense Proxy Service (QPS) によって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Proxy\Proxy.exe
データ %ProgramData%\Qlik\Sense\Proxy
ログ %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Proxy

参照先: ログ

起動モード

管理者権限のないサービス アカウントで Qlik Sense を展開する必要がある場合、次のパラメーターを使用して、起動モードで Qlik Sense Proxy Service を開始できます。

参照先: Qlik Sense サービスを実行するためのユーザー アカウントの変更

  • -bootstrap

    Qlik Sense Proxy Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=install

    インストール時に Qlik Sense Proxy Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=uninstall

    Qlik Sense のアンインストール時にはこのパラメータを使用します。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense サービスを停止します。
  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから proxy.exe -bootstrap を実行します。
  3. Qlik Sense サービスを開始します。

指標

本セクションでは、Qlik Sense Proxy Service (QPS) に関連づけられている指標を一覧表示しています。次の指標が、Microsoft Windows のパフォーマンス モニターで使用できます。

参照先: パフォーマンス ログ

参照先: 表示する指標の選択

  • ActiveConnections: クライアントからのアクティブな接続数。
    接続は、Qlik Sense クライアントと Qlik Sense Proxy Service (QPS) との間のストリーム (ソケット) です。多くの場合、このストリームは QPS から Qlik Sense Repository Service (QRS) または Qlik Sense Engine Service (QES) に対して実行される別のストリームに接続されます。この 2 つのストリームにより、クライアントは QRS または QES と通信を行えます。
  • ActiveStreams: ブラウザーから QPS へ、あるいは QPS から QRS または QES へのアクティブ データ ストリーム (つまりソケット) 数。
  • ActiveSessions:QPS のアクティブ セッション数。
    Qlik Sense ユーザーは、認証されるとプロキシ セッションを取得します。セッションは、一定のアイドル時間経過後に終了されます。
  • LoadBalancingDecisions: 現在少なくともエンジン セッションを 1 つ持っているユーザー数。
  • PrintingLoadBalancingDecisions:Qlik Sense Printing Service (QPR) に対し負荷分散が行われているユーザーの数。
  • Tickets: 使用されていない発行済みログイン チケット数。
  • ActiveClientWebsockets: クライアントと QPS 間のアクティブな WebSocket 数。
  • ActiveEngineWebsockets:QPS とターゲット Qlik Sense サービス間のアクティブな WebSocket 数。

指標は QPS のパフォーマンス ログのエントリとしても利用できます。

Qlik Sense Scheduler Service (QSS)

Qlik Sense Scheduler Service (QSS) は、スケジュールされたアプリのリロードや、タスク イベントに基づきトリガーされるその他の種類のリロードを管理します。Qlik Sense Scheduler Service は、展開のタイプにより、マスターとして、あるいはスレーブとして、あるいはその両方として、ノード上で稼働します。

マスター

サイト内には 1 つのマスター Qlik Sense Scheduler Service しかなく、マスターの Qlik Sense Repository Service を実行するセントラル ノードに常にあります。サイト内のすべての QSS のアクティビティはセントラル ノード上の QSS により調整されるため、より多くの QSS ノードが追加されている場合でも、セントラル ノードに Qlik Sense Scheduler Service をインストールしておく必要があります。

マスター QSS は、全タスクの管理を行っています。例えば、実行されるのはどのタスクか、特定のタスクをどのタイミングで実行するかなどです。タスクの実行時には、マスター QSS はサイト内のスレーブ QSS にタスク ID を送信します。どのスレーブ QSS がタスク ID を分配するかは、マスター QSS が行う負荷分散操作によって決定されます。

スレーブ QSS は、タスクを完了するとマスター QSS にタスクのステート (成功か失敗か) を返します。マスター QSS はタスク状態に基づいてタスク チェーンを実行します。タスク状態に基づいて、他のイベントが完了したタスクの状態の影響を受け、実行する必要があるかどうかが決定されます。Qlik Management Console (QMC) でタスク チェーンを設定してください。

スレーブ QSS がタスクの実行を失敗した場合、タスクの実行が完了するまで、あるいは最大試行回数に達するまで、マスター QSS は、同じあるいは別のスレーブ QSS にタスクの実行を繰り返し要求します。

スレーブ

Qlik Sense Scheduler Service (QSS) がリム ノードで稼働する場合、QSS はスレーブ QSS と見なされます。マスターQSSからタスク ID を受け取ると、スレーブQSSはローカル リポジトリ データベースからタスクを読み取り、タスクを実行します。スレーブ QSS は、タスクを完了するとマスター QSS にタスクのステート (成功か失敗か) を返します。

タスク

幅広い作業を行うために使用されるタスクは、任意のパターンでの連動が可能です。タスクは Qlik Sense Scheduler Service (QSS) で取り扱われ、Qlik Management Console (QMC) で管理されます。

リロード

リロード タスクは、ソースからアプリにデータを完全にリロードするために使われます。古いデータはすべて、破棄されます。

パス

下の表は、Qlik Sense Scheduler Service (QSS) によって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Scheduler\Scheduler.exe
データ -
ログ

%ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Scheduler

参照先: ログ

起動モード

管理者権限のないサービス アカウントで Qlik Sense を展開する必要がある場合、次のパラメーターを使用して、起動モードで Qlik Sense Scheduler Service を開始できます。

参照先: Qlik Sense サービスを実行するためのユーザー アカウントの変更

  • -bootstrap

    Qlik Sense Scheduler Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=install

    インストール時に Qlik Sense Scheduler Service を起動モードで開始するには、このパラメータを使用します。

  • -bootstrap=uninstall

    Qlik Sense のアンインストール時にはこのパラメータを使用します。

次の手順を実行します。

  1. Qlik Sense サービスを停止します。
  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから scheduler.exe -bootstrap を実行します。
  3. Qlik Sense サービスを開始します。

指標

本セクションでは、Qlik Sense Scheduler Service (QSS) に関連づけられている指標を一覧表示しています。次の指標が、Microsoft Windows のパフォーマンス モニターで使用できます。

参照先: 表示する指標の選択

  • 接続スレーブ数
  • スレーブで実行中の Qlik Sense Engine Service (QES) のインスタンス数 (この指標は、QES のインスタンスが稼働しているノードでのみ利用可能です)
  • 実行中のプロセス数
  • マスターが了解している実行中のタスク数
  • スレーブで実行中のタスク数
  • スレーブが送信したタスク メッセージ数
  • マスターが受け取ったタスク メッセージ数
  • タスクの再試行数
  • スレーブによる実行時に正常に完了したタスク数
  • スレーブによる実行時に失敗したタスク数
  • マスターが終了と応答したタスク数
  • マスターが失敗と応答したタスク数
  • 設定が更新された回数
  • 開始しようとしているタスク数
  • 中止しようとしているタスク数

Qlik Sense Engine Service (QES)

Qlik Sense Engine Service (QES) ではすべてのアプリケーションの計算とロジックが処理されます。マルチノード サイトには、ハブ用ではなく、特に Qlik Management Console (QMC) 用に使用される、専用の Qlik Sense Engine Service (QES) をセントラル ノード上に実装することをお勧めします。

パス

下の表は、Qlik Sense Engine Service (QES) によって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Engine\Engine.exe
データ %ProgramData%\Qlik\Sense\Engine
ログ %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Engine

参照先: ログ

構成

%ProgramData%\Qlik\Sense\Engine\Settings.ini

このファイルには、QES 設定が含まれています。そのファイルは、サービスの初回実行時に作成されます。

Qlik Logging Service

Qlik Sense サービス (プロキシ、スケジューラー、リポジトリ、およびエンジン) はログ メッセージを Qlik Logging Service に転送します。Qlik Logging Service は、すべてのメッセージを収集して PostgreSQL データベースに挿入することで、ログを集中させます。

Qlik Sense Printing Service (QPR)

このサービスは Qlik Sense のエクスポートを管理します。マルチノード サイト内では、ノードごとに Qlik Sense Printing Service (QPR) の 1 つのインスタンスが実行されます。クライアントからのエクスポート リクエストは、ラウンド ロビン負荷分散を使って、マルチノード サイトの印刷サービスに送られます。初めのエクスポート リクエストがノード 1 の QPR に負荷分散されて、2 回目のエクスポート リクエストがノード 2 の QPR に負荷分散されるといった形が続きます。

パス

下の表は、Qlik Sense Printing Service (QPR) によって使用されるパスの一覧です。

実行可能ファイル %ProgramFiles%\Qlik\Sense\Printing\Printing.exe
データ %ProgramData%\Qlik\Sense\Printing
ログ

%ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Printing

参照先: ログ

Qlik Sense Service Dispatcher (QSD)

これは、以下の Qlik Sense サービスを起動および管理するために使用されるサービス コントローラーです。

  • ブローカー サービス: Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって開始されたサービスへのインターフェース、およびそのサービス間の仲介として動作します。このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。
  • データ プロファイリング サービス: アプリ ロード データ モデルに対するアクセスと変更に使用されます。データ プロファイリング サービス: アプリ ロード データ モデルに対するアクセスと変更に使用されます。 ノード上で Qlik Sense Engine Service (QES) と直接通信します。このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。
  • ハブ サービス: QMC で定義されたアクセス権に基づいてユーザーが閲覧を許可されるコンテンツを制御します。このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。
  • 移行サービス: Qlik Sense の現在インストールされているバージョンでアプリを使用できるようにします。このサービスは、サイトのセントラル ノードでのみ実行できます。このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。
  • Web 拡張サービス: ビジュアライゼーション、マッシュアップ、ウィジェットなどの Web 拡張機能の制御に使用されます。このサービスは、必要に応じて Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) によって起動および管理されます。
  • 機能サービス: Qlik Sense .NET SDK システムの機能構成を処理するために使用されます。
  • コンバーター サービス: QlikView コンバーター ツールによって使用されます。
  • On-demand アプリ サービス: 大規模なデータ セットからデータのサブセットをロードする On-demand アプリを生成します。
  • Hybrid Deployment Service (HDS): ターゲット展開、および環境間のハイブリッド接続に関わる資格情報を管理し、特に QSE からのアプリの配布を管理します。
  • Hybrid Setup Console (HSC): ターゲット展開とアプリ配布の構成に使用する HSC ユーザー インターフェースを処理します。
  • App Distribution Service (ADS): ポリシーベースのアプリ配布ルールに基づいて、アプリおよび関連付けられたメタデータを定義済みの配布ターゲットに配布します。
  • Precedents Service: インサイト アドバイザーで使用するために、アプリのチャート内でデータ モデルと項目使用の先例を調査し、キャプチャします。このサービスは、インサイト アドバイザーからユーザーが学習したフィードバックもキャプチャします。

パス

以下のテーブルは、Qlik Sense Service Dispatcher (QSD) が使用するパスと QSD で起動および管理されるパスについて示しています。

実行可能ファイル
  • QSD: %ProgramFiles%\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\ServiceDispatcher.exe
  • QSD によって起動および管理されるサービス: %ProgramFiles%\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\node\node.exe
ログ
  • ブローカー サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\BrokerService
  • データ プロファイリング サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\DataProfiling
  • ハブ サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\HubService
  • 移行サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\AppMigration
  • Web 拡張サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\WebExtensionService
  • On-demand アプリ サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\OdagService
  • 機能サービス: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\CapabilityService
  • Hybrid Deployment Service: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\HybridDeploymentService

  • ハイブリッド セットアップ コンソール: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\HybridSetupConsole

  • App Distribution Service: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\AppDistributionService

  • Precedents Service: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\PrecedentsService

参照先: ログ

Qlik Sense サービスを稼働しているノードの展開例

Qlik Sense サービスを展開し、個別に実行することも、専用のサーバー ノード上で組み合わせて実行することもできます。

  • 完全: すべての Qlik Sense サービスを含む単一ノードの展開。
  • コンシューマー ノード:Qlik Sense アプリをエンド ユーザーに配信するノード。ここには、Qlik Sense Engine Service サービス、Qlik Sense Proxy Service、および Qlik Repository サービスが含まれます。
  • プロキシ ノード:Qlik Senseの認証、セッションの取り扱い、負荷分散を管理するノード。ここには、QRSQPS サービスが含まれます。
  • エンジン ノード:Qlik Sense の分析機能をクライアントに提供するノード。ここには、QRSQES サービスが含まれます。
  • プロキシおよびエンジン ノード:QRSQPS、および QES サービスを含む結合ノード。
  • スケジューラー:Qlik Senseアプリのスケジュールされたリロードと、トリガーされるその他のタイプのリロードを管理するノード。ここには、QRSQSS、および QES サービスが含まれます。リロードを実行するために、QSSQESを同じノードで実行するように要求します。

サービス依存関係

このセクションでは、Qlik Sense サービスに関連する依存関係について説明します (たとえば、オペレーティング システムやその他のソフトウェアの依存関係)。

リポジトリ データベース

Qlik Sense Repository Service (QRS) は、リポジトリ データベースに接続し、QRS が実行されているノードでの Qlik Sense サービスに必要なデータを保存および取得します。 既定の Qlik Sense インストールでは、Qlik Sense Repository Service (QRS) は Qlik Sense Repository Database (QRD) サービスを使用して、リポジトリ データベースのデータの読み書きを行います。既定では、PostgreSQL データベースが使用されます。

ファイル共有

ファイル共有には、Qlik Sense アプリのためのバイナリ ファイルが保存されています。

ディレクトリ サービス

QRS および Qlik Sense Proxy Service (QPS) は、LDAP や ODBC などを使用して、設定済みのディレクトリ サービス (Microsoft Active Directory など) と通信します。

サービスの起動と再起動

ノードが起動すると、Qlik Sense サービスが自動的に起動されます。

起動時の動作

最初に Qlik Sense Repository Database (QRD) と Qlik Sense Repository Service (QRS) が起動します。

それ以外のQlik Senseサービスは、起動するとローカルのQRSに接続して構成パラメータを取得します。サービスが稼働するよう構成されていない場合、定期的にローカルの QRS がチェックされます。

手動による起動

サービスを手動で起動する必要がある場合、次の順番で起動します。

  1. Qlik Sense Repository Database (QRD)
  2. Qlik Sense ログ サービス

  3. Qlik Sense Service Dispatcher (QSD)
  4. Qlik Sense Repository Service (QRS)
  5. Qlik Sense Proxy Service (QPS)、Qlik Sense Engine Service (QES)、Qlik Sense Scheduler Service (QSS)、および Qlik Sense Printing Service (QPR) (順番の指定なし)

順番が重要なのは、QRSQRD に依存し、残りのサービスが QRS に依存するためです。

Qlik License Service

Qlik License Service は Qlik Sense Enterprise February 2019 以降のリリースに含まれており、Qlik Sense が署名付きキー ライセンスを使用してアクティブ化されるときに使用されます。Qlik License Service は、製品アクティブ化と資格管理のために、Qlik にホストされている License Back-end Service に接続します。License Back-end Service へのアクセスとライセンス情報の取得には、ポート 443 が使用されます。

Qlik Sense Enterprise on Windows マルチノード展開では、Qlik License Service がノードごとにインストールされます。Qlik License Service のステータスを管理するには、Windows マシンで実行中のサービスのリストにある、Qlik Sense Service Dispatcher を開始または停止します。