サーバーサイド拡張ログ

Qlik Sense Engine Service (QES)

以下の項目は、QES のサーバーサイド拡張 (SSE) ログ固有のものです。

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • EngineTimestamp:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだ時刻。
  • EngineThread:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだときに使用したスレッドの ID。
  • ProcessId: ログ メッセージの発信元 QES プロセスの ID。
  • QixRequestId: リクエストの発信元が確立した ID。この番号が存在しない場合は、RPC 呼び出しが通知であると見なされます。

  • AppId: 分析接続を介したサーバーサイド拡張 (SSE) プラグインに対するすべての呼び出しを含むアプリの ID。
  • App Title: 分析接続を介した SSE プラグインに対する呼び出しを含むアプリのタイトル。
  • SSEPlugin: SSE プラグインへの呼び出し中にログ メッセージが作成された場合の、そのプラグインのマッピング/エイリアス、例えば Python プラグインの SSEPython。SSE の初期化中などに、SSE プラグインの呼び出しなしでログ メッセージが作成された場合、この値はダッシュ (-) です。
  • SSEPluginAddress: SSE プラグインへの分析接続を定義する、コロンで区切られた 2 つの要素。

    • <Host>: プラグインの DNS 名 (または IP アドレス)。
    • <Port>: プラグインの待ち受けポート (通常は 50051)。

    例えば、localhost:50051。

See also: