QIX パフォーマンス ログ

Qlik Sense Engine Service (QES)

以下の項目は、QES の QIX パフォーマンス ログ固有のものです。

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • EngineTimestamp:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだ時刻。
  • EngineThread:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだときに使用したスレッドの ID。
  • ProcessId: ログ メッセージの発信元 QES プロセスの ID。
  • SessionId: QIX メソッド呼び出しエンジン セッションの ID。
  • CServerId: 要求を処理したサーバー インスタンスの ID。
  • Server Started:QES が起動した時刻。
  • Method: 呼び出した QIX メソッドの名前。
  • RequestId: QIX メソッド呼び出し取り扱い要求 ID。
  • Target: QIX メソッド呼び出し対象のメモリーアドレス。
  • RequestException: QIX メソッド呼び出しの結果として発生した例外 (あれば) の ID。
  • ProcessTime: 要求の処理にかかった時間数。
  • WorkTime: 要求の実動時間数。
  • LockTime: 要求による内部ロック待ち時間数。
  • ValidateTime: 要求による検証時間数。
  • Handle: 要求を処理したインターフェイスの ID。インターフェイスは Global にすることも、特定のシートやオブジェクトなどにすることもできます。

See also: