パフォーマンス ログ

Qlik Sense Repository Service (QRS)

以下の項目は、QRS のパフォーマンス ログ固有のものです。

  • Tracenumber:QRS REST API 呼び出しの一意 ID。
  • Httpmethod: 使用された HTTP メソッド (Get、Put、Post、Delete)。
  • Url: 使用された URL。
  • Resourcetype: リソースのタイプ。
  • Method: 呼び出されたバックエンド コード。
  • Elapsedmilliseconds:QRS REST API の呼び出しを完了するのにかかった時間 (ミリ秒)。

Example: Get http://mytest/cars/4

  • Httpmethod: Get
  • Url: http://mytest/cars/4
  • Resourcetype: cars
  • Method: get/cars/{0}

Qlik Sense Proxy Service (QPS)

以下の項目は、QPS のパフォーマンス ログ固有のものです。

  • ActiveConnections: クライアントからのアクティブな接続数 (任意の形式、形態で)。
  • 接続は、Qlik Sense クライアントと Qlik Sense Proxy Service (QPS) との間のストリーム (ソケット) です。多くの場合、このストリームは QPS から Qlik Sense Repository Service (QRS) または Qlik Sense Engine Service (QES) に対して実行される別のストリームに接続されます。この 2 つのストリームにより、クライアントは QRS または QES と通信を行えます。

  • ActiveStreams: ブラウザーから QPS へ、あるいは QPS から QRS または QES へのアクティブ データ ストリーム (つまりソケット) 数。
  • ActiveSessions:QPS のアクティブ セッション数。
  • Qlik Sense ユーザーは、認証されるとプロキシ セッションを取得します。セッションは、一定のアイドル時間経過後に終了されます。

  • LoadBalancingDecisions: 現在少なくともエンジン セッションを 1 つ持っているユーザー数。
  • PrintingLoadBalancingDecisions:Qlik Sense Printing Service (QPR) に対し負荷分散が行われているユーザーの数。
  • Tickets: 使用されていない発行済みログイン チケット数。
  • ActiveClientWebsockets: クライアントと QPS 間のアクティブな WebSocket 数。
  • ActiveEngineWebsockets:QPS とターゲット Qlik Sense サービス間のアクティブな WebSocket 数。
ヒント: ログ エントリは、指標としても利用できます (「Proxy service」を参照)。

Qlik Sense Engine Service (QES)

パフォーマンス ログの各エントリ (行) は、指定時間における QES のパフォーマンスのスナップショット (メジャーの数) に対応します。

以下の項目は、QES のパフォーマンス ログ固有のものです。

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • EngineTimestamp:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだ時刻。
  • EngineThread:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだときに使用したスレッドの ID。
  • ProcessId: ログ メッセージの発信元 QES プロセスの ID。
  • Exe Type:QES プロセスの設定タイプ (リリースまたはデバッグ バージョン)。
  • Exe Version:QES プロセスのバージョン番号。
  • Server Started:QES が起動した時刻。
  • Entry Type: パフォーマンス ログのログ エントリの理由 (サーバーの起動、正常、またはサーバーのシャットダウン)。
  • ActiveDocSessions: 指定の時点におけるアクティブなエンジン セッションの数。
  • DocSessions: 指定の時点におけるエンジン セッションの数。
  • ActiveAnonymousDocSessions: 指定の時点におけるアクティブな匿名エンジン セッションの数。
  • AnonymousDocSessions: 指定の時点における匿名エンジン セッションの数。
  • ActiveTunneledDocSessions: 指定の時点におけるアクティブなトンネル エンジン セッションの数。
  • TunneledDocSessions: 指定の時点におけるトンネル エンジン セッションの数。
  • DocSessionStarts: 前回のスナップショット以降に開始されたエンジン セッションの数。
  • ActiveDocs: 指定の時点における QES のアクティブなアプリ数。
  • RefDocs: 指定時間における QES のアプリ数。
  • LoadedDocs: 指定の時点で QES にロードされているアプリの数。
  • DocLoads: 前回のスナップショット以降の QES へのアプリ ロード件数。
  • DocLoadFails: 前回のスナップショット以降に QES で失敗したアプリ ロード件数。
  • Calls: 前回のスナップショット以降の QES の呼び出し件数。
  • Selections: 前回のスナップショット以降の QES での選択件数。
  • ActiveIpAddrs: 指定の時点における QES のアクティブな接続クライアントの IP アドレス数。
  • IpAddrs: 指定の時点における QES のすべての接続クライアントの IP アドレス数。
  • ActiveUsers: 指定の時点における QES のアクティブなユーザーの数。
  • Users: 指定の時点における QES のユーザー総数。
  • CPULoad: 指定の時点に QES を実行する CPU のロード メジャー。
  • VMCommitted(MB): 指定の時点でコミットされている仮想メモリー容量 (メガバイト)。
  • VMAllocated(MB): 指定の時で割り当てられている仮想メモリー容量 (メガバイト)。
  • VMFree(MB): 指定の時点で解放されている仮想メモリー容量 (メガバイト)。
  • VMLargestFreeBlock(MB): 指定の時点で解放されている最大仮想メモリー ブロック (メガバイト)。

See also: