監査ログ

Qlik Sense Repository Service (QRS)

以下の項目は、QRS の監査ログ固有のものです。

  • アクション: ユーザーが実施するアクション (追加、更新、削除、エクスポート)。
  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • ResourceId: ユーザーが操作を実行するリソースの ID。

Qlik Sense Proxy Service (QPS)

以下の項目は、QPS の監査ログ固有のものです。

  • ConnectionId: 接続の ID。
  • Performance log の ActiveConnections パフォーマンス ログ

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • TicketId: ユーザーのために発行されたログイン チケットの ID。チケット ID は QPS が消費するまで存在しています。
  • IpAddress: クライアントの IP アドレス。
  • AppId: アプリの ID (アプリがロードされていない場合は空)。
  • TargetHost: クライアントからの呼び出しが Qlik Sense Engine Service (QES) または QRS に転送されます。この項目には、サービスが実行されているマシンの名前が入ります。
  • VirtualProxy: 仮想プロキシのプレフィックス。{prefix} 形式。

Qlik Sense Engine Service (QES)

以下の項目は、QES の監査ログ固有のものです。

  • ActiveUserDirectory: 該当ユーザー用のユーザー ディレクトリ。
  • ActiveUserId: ユーザーの ID。
  • EngineTimestamp:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだ時刻。
  • EngineThread:QES がファイルにログ メッセージを書き込んだときに使用したスレッドの ID。
  • ProcessId: ログ メッセージの発信元 QES プロセスの ID。
  • ServerStatus:QES が起動した時刻。
  • AppId: アプリの ID。
  • Type: 監査メッセージ生成のためユーザーが実行した操作のタイプ。
  • Qlik Sense User: 監査メッセージを生成したユーザー。

See also: