ライセンス認証ファイル

Qlik Sense ではライセンス モデルに 2 つの選択肢があります。シリアル番号とコントロール ナンバー付きのライセンス キー、および署名付きのライセンス キーです。License Enabler File (LEF) で、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。

シリアル番号とコントロール ナンバーを使用して Qlik Sense のライセンスを付与する場合、Qlik Management Console (QMC) にシリアル番号とコントロール ナンバーが入力されると、LEF がダウンロードされます。利用可能なネットワーク接続がない場合は、LEF を直接 QMC に貼り付けることもできます。シリアル番号とコントロール ナンバーを使用して認証できるライセンス タイプは 2 つあります。Professional User および Analyzer User ライセンスと、Qlik Token ライセンスです。

署名付きのキーを使用して Qlik Sense のライセンスを付与すると、LEF ファイルが License Backend に格納されます。

ライセンスに関する全体的な概要については、次を参照してください。 Qlik Sense ライセンス

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。

Professional User および Analyzer User ラインセンス

Professional User および Analyzer User ラインセンスは、Professional および Analyzer (ユーザーベース) アクセス タイプの既定数の割り当てを許可します。LEFファイルによって、アクセス タイプの割り当てが指定されます。

注: Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティ ベース) は、署名付きのキーを使用してのみ、付与できます。同じ Qlik Sense Enterprise インストールで Professional、Analyzer、および Analyzer Capacity のアクセス タイプ結合するときには、署名付きのキーを使用してライセンスを付与する必要があります。

Token ライセンス

トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てて、ユーザーが Qlik Sense にアクセスできるようにします。License Enabler File (LEF) によって割り当て可能なトークンの数が指定され、サイトのセントラル ノードで使用可能なトークンの数が保持されます。つまり、Qlik Sense サイトは少なくとも 1 つの LEF を必要としています。アクセス パスなしのユーザーはアプリにアクセスできません。

注: この Token ライセンスは、既存の Qlik Sense Token ライセンスを持つ顧客にのみ付与できます。
注: Qlik SenseQlikView CAL ベースのライセンスを使用することはできません。これは、トークンに QlikView で使用される Client Access ライセンス (CAL) との互換性がないためです。

トークン数の増加

(トークンの追加購入などで)LEF のトークン数が増加した場合、新しいトークンは、Qlik Sense にアクセス権のあるユーザーにアクセス パスを割り当てるために使用できる、未割り当てトークンのプールに追加されます。

トークン数の減少

LEF のトークン数が減少した場合、以下が行われます。

  1. 未割り当てトークンを削除します。
  2. 手順 1 では LEF の減少したトークン数を補充できない場合、アクセス パスを削除して解放したトークンは、割り当てたトークンの数が LEF に新しく設定した数を下回るまで、新規割り当てとして使用できません。