Qlik Sense Enterprise on Windows での Qlik License Service 通信のプロキシの構成

Qlik License Service と License Backend 間の通信は、プロキシを使用して処理できます。

Qlik License Service は Qlik Sense Enterprise February 2019 以降のリリースに含まれており、Qlik Sense が署名付きキー ライセンスを使用してアクティブ化されるときに使用されます。Qlik License Service は、製品アクティブ化と資格管理のために、Qlik にホストされている License Back-end Service に接続します。License Back-end Service へのアクセスとライセンス情報の取得には、ポート 443 が使用されます。

Qlik Sense Enterprise on Windows マルチノード展開では、Qlik License Service がノードごとにインストールされます。Qlik License Service のステータスを管理するには、Windows マシンで実行中のサービスのリストにある、Qlik Sense Service Dispatcher を開始または停止します。

Qlik Sense June 2019 以降では、Qlik License Service と Qlik License Backend 間の通信を、プロキシによって処理されるように構成できます。

Qlik Sense Enterprise on Windows では、Qlik License Service のプロキシの構成は、コマンド ライン パラメータを使用して行います。HTTP および HTTPS の両方のスキームに対応しています。

次の手順を実行します。

  1. service.conf ファイルに移動します。既定では次の場所にあります。
  2. %Program Files%\Qlik\Sense\ServiceDispatcher\service.conf

  3. [licenses.parameters] セクションを探します。既定では次の行が含まれています。
  4. [licenses.parameters]
    -qsefw-mode
    -app-settings="..\Licenses\appsettings.json"

  5. -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888 行を下記のように追加します。
  6. [licenses.parameters]
    -qsefw-mode
    -proxy-uri=http://myproxy.example.com:8888
    -app-settings="..\Licenses\appsettings.json"

    ここで、「http://myproxy.example.com」は会社のプロキシのアドレスであり、「8888」はプロキシが使用するポートです。

  7. ファイルを保存して閉じます。
  8. Qlik Sense Service Dispatcher を再起動します。これで Qlik License Service の実行を処理します。
  9. マルチノード インストールがある場合は、インストール内のすべてのノードに以上のステップを繰り返し実行します。