ライセンスの管理

ライセンス

ライセンス モデルには、シリアル番号とコントロール ナンバー、および署名付きのライセンス キーの 2 つがあります。これらのモデルで、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。主なライセンス タイプには、アクセス タイプに基づくものと、トークンに基づくものの 2 つがあります。

  • アクセス タイプのライセンスは、Professional User と Analyzer User ライセンス (ユーザーベース) および Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティベース) です。Professional User および Analyzer User ライセンスは、Professional アクセスおよび Analyzer アクセスを割り当てることができます。Analyzer Capacity ライセンスでは、Analyzer Capacity ライセンスを割り当てることができます。ここでは消費が時間ベース (Analyzer タイム) となっています。
  • Qlik Sense Token ライセンスでは、トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てます。User アクセスおよび Login アクセスを割り当てることができます。

アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のハブとアプリにアクセスできます。

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。

Qlik Sense ライセンス付与オプションの詳細については、Qlik の法的規約、製品規約、および Licensing Service リファレンスガイドを参照してください。

アクセス タイプのライセンス

アクセス タイプのライセンスは、Professional および Analyzerアクセスの既定数の割り当てを許可します。アクセス タイプの分布はライセンス モデルによって決まります。

注: ハブにアクセスすると、アクセス タイプのライセンス (Professional および Analyzer) に関するライセンス チェックが発生します。ハブにライセンスなしでアクセスし、その後プロフェッショナルまたはアナライザー アクセスが割り当てられた場合は、ライセンス チェックはすでに発生しており、「アクセス パスがありません」のエラーが表示され、アプリの操作が停止されます。ログアウトし、再度ライセンスにログインして認識させます。

プロフェッショナル アクセス

識別されたユーザーに Professional アクセス権を割り当て、Qlik Sense サイト内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。プロフェッショナル アクセスは、Qlik Sense インストールのすべての機能にアクセスする必要があるユーザーが対象です。プロフェッショナル アクセス権のあるユーザーは、シートまたはアプリを作成、編集、公開でき、Qlik Sense サイトの管理などの使用可能な機能をすべて使うことができます。

シルアル番号とコントロール ナンバーでライセンスが付与された Qlik Sense インストールでは、ユーザーから Professional アクセスの割り当てを削除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていた場合、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、プロフェッショナル アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のプロフェッショナル アクセス権を復元することができます。

署名付きのキーを使用してライセンスが付与されている Qlik Sense インストールには、検疫は適用されません。

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。署名付きラインセンス キーでライセンスを使用する場合、QMC にアクセスすると、並列セッションの最大数がカウントされて追加され、5 つとなります。セッションの不必要な消費を避けるには、ルート管理者にどのタイプのアクセスも割り当てないでください。

最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。

注: 署名付きラインセンス キーでライセンスを使用する場合、QMC にアクセスすると、並列セッションの最大数がカウントされて追加され、5 つとなります。セッションの不必要な消費を避けるには、ルート管理者にどのタイプのアクセスも割り当てないでください。

アナライザー アクセス

識別されたユーザーに割り当てられた Analyzer アクセス権によって、ハブ内のストリームとアプリにアクセスできるようにします。アナライザー アクセスは、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを使用するユーザーが対象です。アナライザー アクセス権を持つユーザーは、シートやアプリを作成、編集、または公開することはできませんが、アプリ内のデータに基づいて、ストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成できます。また、ユーザーは、ブックマーク、印刷オブジェクト、ストーリー、シートを作成したり、オブジェクトから Excel にデータをエクスポートしたりすることもできます。

シルアル番号とコントロール ナンバーでライセンスが付与された Qlik Sense インストールでは、ユーザーから Analyzer アクセスの割り当てを削除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていた場合、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていない場合、アナライザー アクセス権は直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のアナライザー アクセス権を復元することができます。

署名付きのキーを使用してライセンスが付与されている Qlik Sense インストールには、検疫は適用されません。

このアクセス パスのタイプでは、単一ユーザーが行える並列ユーザー接続の最大数は、5 回です。最大数の並列ユーザー接続を持つユーザーが接続を終了する (たとえば、ログアウト) 場合、別の接続を追加する (たとえば、ログイン) には、アクセス パスが使用可能になる前に 5 分が経過する必要があります。

Analyzer Capacity アクセス

アナライザー キャパシティは消費ベースのライセンス タイプで、使用可能な機能に関してアナライザー アクセスに似ています。ユーザーは、ハブ内のストリームとアプリにアクセスし、他のユーザーによって作成されたシートとアプリを消費できます。Analyzer Capacity アクセスでは、アプリ内のデータに基づいてストーリー、ブックマーク、スナップショットを作成し、公開することができます。シートまたはアプリの作成、編集、または公開はできません。

アナライザー キャパシティ ライセンスにより、アナライザー時間 (毎月の定義済み分時間 (カレンダー日付) ) に対してサブスクライブします。これらの分時間は、ユーザー間で共有され、匿名ユーザーを含むユーザー グループの一員になっている任意のユーザーが消費可能です。消費は 6 分単位で測定されます。新しい 6 分間ごとに、1 単位が消費されます。

詳しくは「アナライザー キャパシティ ライセンス 」を参照してください。

トークンベースのライセンス

トークンを割り当てると、利用可能なトークンの数が減ります。各アクセス タイプは特定数のトークンを使用し、トークンの残数がゼロになるか不足すると、そのアクセス タイプに割り当てられなくなります。トークンの使用数を減らして、異なる方法でトークンを使用することができます。Qlik Sense サイトのトークンの数は、新しいライセンスをアクティブにすることで、増やしたり減らしたりできます。

User アクセス パス

識別されたユーザーにユーザー アクセス権を割り当て、Qlik Sense サイト内のストリームおよびアプリにアクセスできるようにします。アクセス タイプ (ユーザー アクセス) とユーザーとは、直接的に関係していますユーザーからユーザー アクセスの割り当てを解除すると、アクセス権が直近 7 日間で使用されていなければ、そのアクセス タイプは検疫のため隔離されます。直近 7 日間で使用されていないユーザー アクセス権は削除され、トークンは直ちに解放されます。7 日以内であれば、同一のユーザーに検疫状態のユーザー アクセス権を回復させることができます。その場合、ユーザーには、追加のトークンを使用せずに、再びアクセス権が付与されます。

ユーザー アクセス パスの概要:

  • 指定されたユーザーに対し割り当てられる。

  • コンテンツの分析や作成のために毎日アクセスすることができる。

  • ストリーム、アプリ、その他のリソースに無制限にアクセス可能。

  • 並列セッションの最大数は 5 つ。

  • 1 トークン=1 ユーザー アクセス パス。

注: ユーザー アクセス パスと、ログイン アクセス パスを消費する可能性の両方があります。アクティブ セッションが 5 つある場合は、追加のセッションを開くとログイン アクセス パスから消費されます。

Login アクセス パス

トークン 1 つは、事前に定義されたボリュームのログイン アクセス パスと同等です。ログイン アクセス権がある場合、ユーザーは事前に定義した時間の間、ストリームとアプリにアクセスできます。これは、単一のユーザーが同じ日に複数のログイン アクセス パスを使用できることを意味します。どのユーザーがログイン アクセス権を利用できるのか指定したセキュリティ ルールを作成します。

ログイン アクセス (グループ) 権を削除すると、ログイン アクセスに十分な数の未使用ログイン アクセス パスが含まれていればトークンが即時リリースされます。リリースされるトークンの数は、使用されたログイン アクセス パスの数によって決まります。使用されているログイン アクセス パスは最後の使用から 28 日が経過するまでリリースされません。例:  1,000 回のログイン アクセス パスのあるトークンをグループに割り当てると、28 日間は 1,000 回を超えるログイン アクセス パスを使用できません。また、100 回のログイン アクセス パスを 1 日目に使うと、29 日目にも 100 回利用できます。使用中のアクセス パスがない場合は、ログイン アクセス インスタンスに割り当てられたすべてのトークンは、ログイン アクセス インスタンスの削除時にリリースされます。

注: アプリがアクティブに使用されていない場合、アプリをリロードするとセッションが延長され、アクセス パスも消費されます。アプリとともにブラウザー ページが開いている場合、アプリをリロードするとさらにアクセス パスが消費されます。

ログイン アクセス パスの概要:

  • 使用頻度の低いユーザー向け。

  • Qlik Senseの使用法をカスタマイズおよび制限可能。

  • 時間制限はパスあたり連続 60 分。

    セッションが 20 分後に閉じられた場合、4 時間後に分析が再開され、新しいログイン アクセス パスが使用される。

  • パスは 28 日ごとにリリースされる。

  • 1 トークン=10 ログイン アクセス パス。