ライセンス管理

ライセンス モデルには、シリアル番号とコントロール ナンバー、および署名付きのライセンス キーの 2 つがあります。これらのモデルで、ライセンスの契約条件およびユーザーに割り当て可能なアクセス タイプを定義します。主なライセンス タイプには、アクセス タイプに基づくものと、トークンに基づくものの 2 つがあります。

  • アクセス タイプのライセンスは、Professional User と Analyzer User ライセンス (ユーザーベース) および Analyzer Capacity ライセンス (キャパシティベース) です。Professional User および Analyzer User ライセンスは、Professional アクセスおよび Analyzer アクセスを割り当てることができます。Analyzer Capacity ライセンスでは、Analyzer Capacity ライセンスを割り当てることができます。ここでは消費が時間ベース (Analyzer タイム) となっています。
  • Qlik Sense Token ライセンスでは、トークンを使用してアクセス パスをユーザーに割り当てます。User アクセスおよび Login アクセスを割り当てることができます。

アクセス タイプを使うと、ユーザーは Qlik Sense サイト内のハブとアプリにアクセスできます。

注: Qlik Cloud Services または Qlik Sense Enterprise on Kubernetes をセットアップする場合は、Qlik 代理店または Qlik サポートに連絡してセットアップのための有効なライセンスを入力してください。
  • [ライセンス使用の概要] ページには、さまざまなアクセス タイプの分布が表示されます。

  • [プロフェッショナル アクセスの割り当て] ページには概要が表示され、ユーザーへのプロフェッショナル アクセス権の割り当て、割り当て解除、回復が可能です。

  • [プロフェッショナル アクセス ルール] ページには概要が表示され、プロフェッショナル アクセス ルールの編集、削除、新規作成が可能です。プロフェッショナル アクセスを自動的に割り当てるために、プロフェッショナル アクセス ルールが使用されます。

  • [アナライザー アクセスの割り当て] ページには概要が表示され、ユーザーへのアナライザー アクセス権の割り当て、割り当て解除、回復が可能です。

  • [アナライザー アクセス ルール] ページには概要が表示され、アナライザー アクセス ルールの編集、削除、新規作成が可能です。アナライザー アクセスを自動的に割り当てるために、アナライザー アクセス ルールが使用されます。

  • [ユーザー アクセスの割り当て] ページには概要が表示され、ユーザーへのユーザー アクセス権の割り当て、割り当て解除、回復が可能です。

  • [ユーザー アクセス ルール] ページには概要が表示され、ユーザー アクセス ルールの編集、削除、新規作成が可能です。ユーザー アクセスを自動的に割り当てるために、ユーザー アクセス ルールが使用されます。

  • [ログイン アクセス ルール] ページには概要が表示され、ログイン アクセス ルールの編集、削除、新規作成が可能です。

  • [サイト ライセンス] ページでは、LEF をアクティブ化するか、変更を適用します。

  • [Qlik DataMarket] ページで、Qlik DataMarket サブスクリプションを有効化するか変更を適用します。