コンテンツ ライブラリの編集

コンテンツ ライブラリは Qlik Sense ユーザーがアプリに共有コンテンツを追加することができるストレージです。

コンテンツ ライブラリを作成するユーザーは自動的にそのライブラリの所有者になります。ライブラリおよびライブラリ オブジェクトは、QMC で定義されたセキュリティ ルールを使用して他のユーザーと共有できます。

更新権限を有するコンテンツ ライブラリを編集できます。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] Sドロップダウン メニューから [コンテンツ ライブラリ] を選択して、概要を表示します。

  2. 編集するライブラリを選択します。

  3. アクション バーで [編集] をクリックします。
  4. プロパティを編集します。

  5. 操作バーで [適用] をクリックします。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。