デフォルトの構成

Qlik Sense インストールには、[Everyone] ストリーム、[Monitoring apps]、5 つの管理者ロール (  [RootAdmin]、[AuditAdmin]、[ContentAdmin]、[DeploymentAdmin]、[SecurityAdmin]) が含まれます。

Qlik Senseインストールのデフォルトの構成は以下のとおりです。

  • すべての認証ユーザーには [Everyone] ストリームへの読み取り権限と公開権限があります。

  • 匿名ユーザーには [Everyone] ストリームの読み取り権限があります。

  • 管理者のロールの [RootAdmin]、[ContentAdmin]、[SecurityAdmin] には [Monitoring apps] ストリームの読み取り権限と公開権限があります。

  • [RootAdmin] は、Qlik Sense の全リソースへのフルアクセス権を有します。

  • その他の管理者は、Qlik Sense リソースのサブセットにアクセスできます。

  • プロキシはローカル エンジンに対してロード バランシングを行います。

  • 匿名ユーザーにはコンテンツ作成が許可されていません。

  • 所有オブジェクトの所有者は 1 人のみです。

  • 公開されていないアプリは、そのオーナーのみが表示できる。

  • 公開アプリは編集できません。

  • 認証ユーザー (匿名でない) は
    • 所有するアプリを公開します。
    • 未公開アプリのプライベート アプリ オブジェクトを新規に作成できます。
    • 公開済アプリのプライベート アプリ オブジェクト (シート、ブックマーク、ストーリー) を新規に作成できます。
    • 見ることができるアプリ データをエクスポートできます。
  • 誰でも Qlik Sense からデータ接続を管理できますが、フォルダ ディレクトリ タイプのデータ接続を管理できるのは [RootAdmin]、[ContentAdmin]、[SecurityAdmin] のみです。

  • 誰でも拡張機能を表示できます

  • コンテンツ ライブラリの更新権限を持つユーザーは誰でもその対応ファイルを管理できます。