仮想プロキシの作成

仮想プロキシを使用して、認証、セッションの取り扱い、同じ物理サーバーの負荷分散の複数の設定を処理できます。1 つの構成を持つ代わりに、仮想プロキシを使用して必要に応じてサーバー数を減らすことができます。

注: 仮想プロキシは、使用する前にプロキシ サービスにリンクしておく必要があります。リンクせずに仮想プロキシを作成することもできますが、リンクするまで仮想プロキシは使用できません。参照先: 仮想プロキシのプロキシへのリンク

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [仮想プロキシ] を選択して、概要を表示します。

  2. [新規作成] をクリックします。仮想プロキシを複数のプロキシに同時に追加することはできません。

  3. [仮想プロキシの編集] ウィンドウでプロパティを編集します。

     

  4. [適用] をクリックして変更を保存します。必須の項目が空欄の場合、[Apply] は無効になります。
  5. 操作バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。