ノードの設定

注: このセクションは、マルチノード サイトにのみ該当します。

新しいノードに Qlik Sense をインストール後、セントラル ノード上の QMC にノードを追加する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. セントラル ノードで、QMC を開きます。
  2. [Start] ページから [Nodes] を選択し、概要を表示します。

  3. 操作バーの P [新規作成] をクリックします。

    [Node edit] ページが表示されます。

  4. [ID] セクションで、ノードの [Name] を入力し、追加予定のサーバーの [Host name] (アドレス) を入力します。ホスト名は保存したら変更することはできません。ホスト名を変更するには、新しいノードを作成する必要があります。

    注: サーバー アドレスは、完全修飾ドメイン名形式 (node2.domain.com) にするか、マシン名形式 (node2) にする必要があります。 完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用することをお勧めします。ホスト名としてマシン名のみを使用する場合は、仮想プロキシの [ホスト ホワイトリスト] に FQDN を手動で追加する必要があります。
  5. [Node purpose] セクションでドロップ ダウン リストからノードの使用目的を[実稼働環境]、[開発環境]、または [両方] から選択します。
  6. [Services activation] セクションで、追加するノードにインストールするサービスをすべて選択します。

    リポジトリ サービスは常に含まれます。アクティブ化しようとしたときにサービスがインストールされていなければ、インストールの完了時にプロパティが適用されます。

    注: 一番右側にあるパネルで、プロパティ グループの表示/非表示を切り替えることができます。プロパティを編集するときは、プロパティ名の横に矢印 (B) が表示されて、プロパティ値が変更されることを示します。B をクリックすると、その特定のプロパティ値がリセットされます。
  7. [適用] をクリックして、ノードを作成および保存します。

    プロセスを追加するノードが起動します。セントラル ノードのセキュア証明書はパッケージされパスワード保護されて新しいノードに送信されます。

    完了すると、ページの最下部に [Successfully added] というメッセージが表示され、承認パスワードを示すダイアログが表示されます。

    注: [ホスト名] の入力を間違えると、[ノードを登録できませんでした] というエラー メッセージが表示されます。ホスト名は保存後に変更できないため、正しいホスト名で新しいノードを作成する必要があります。
    注: 必須項目が空欄の場合は、[Apply] をクリックできません。[適用] をクリックしないで編集ページから移動しようとすると、未保存の変更があることを示すダイアログが表示されます。[キャンセル] をクリックすると、編集を続けることができます。QRS との通信に失敗するとエラー メッセージが表示されます。その後、編集を続行するか、再度 [Apply] をクリックします。
  8. URL と承認パスワードをメモしてください。