ライセンスの変更

ライセンスのプロパティは、最初に設定した後、変更することができます。

LEF ライセンスの変更

LEF を更新すると、以下が変更されます。

  • ユーザーベースのライセンス:Qlik Sense サイトでの Professional アクセスと Analyzer アクセスの割り当て数が変わります。
  • トークンベースのライセンス:Qlik Sense サイトのトークン数が変わります。アクセス タイプでトークンを使用して、ユーザーにハブへのアクセスを提供します。
注: シリアル番号とコントロール ナンバー付きのライセンスを受け入れるサイト ライセンスに加えて、署名付きライセンス キーも用意されています。Analyzer Capacity アクセス権のライセンスを付与する場合は、署名付きキーによるライセンスを使用する必要があります。署名付きキーによるライセンスに変更した後は、古いシリアル番号とコントロール ナンバーのライセンス モデルは再び使用できないことに注意してください。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、または [スタートS] ドロップダウン メニューから [ライセンスの管理] を選択して、概要を表示します。

  2. 右側のパネルで [サイト ライセンス] を選択します。

  3. 項目を編集します。

    [LEF アクセス] を展開し、[LEF の取得とライセンスのレビュー] をクリックして、Qlik Sense LEF サーバーから LEF ファイルをダウンロードします。あるいは、LEF ファイルから LEF の情報をコピーしてテキスト フィールドに貼り付けます。

    [LEF を正常に取得しました] と表示されます。

    注: シリアル番号かコントロール番号が正しくない場合には、「サーバーからの LEF を取得することに失敗しました」と表示されます。
  4. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    [変更内容を適用しました] というメッセージが表示されます。

    注: 値が正しくなければ、[変更内容を適用できませんでした] というメッセージが表示されます。

署名付きのキー ライセンスの更新

署名付きのキー ライセンスを更新すると、Professional と Analyzer アクセスの割り当て数、および Analyzer Capacity ライセンスの保存期間 (分単位) が変更されます。

  1. QMC スタート ページから、または [スタートS] ドロップダウン メニューから [ライセンスの管理] を選択して、概要を表示します。

  2. 右側のパネルで [サイト ライセンス] を選択します。

  3. 新しい署名付きのキーを専用の項目に挿入します。

  4. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    [変更内容を適用しました] というメッセージが表示されます。

    注: 値が正しくなければ、[変更内容を適用できませんでした] というメッセージが表示されます。