匿名の認証

ユーザー ID や資格情報を入力することなく、ユーザーが Qlik Sense にアクセスできるようにすることができます。これは、仮想プロキシ プロパティ [匿名アクセス モード] を編集して行います。匿名使用にはさまざまなレベルがあるので、以下の手順の説明を参照してください。

注: プロフェッショナル アクセスとアナライザー アクセスを持つユーザーベースのライセンスは、匿名の認証に対応していません。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [仮想プロキシ] を選択して、概要を表示します。

  2. 認証を取り扱う仮想プロキシを選択して、[編集] をクリックします。

  3. [匿名アクセス モード] を [認証] プロパティ グループで編集します。

    • 匿名のユーザーがユーザー アカウントに切り替えられるようにしたい場合は、ドロップダウン リストで [匿名ユーザーを許可] を選択します。
    • すべてのユーザーを常に匿名にするには、[常に匿名ユーザー] を選択します。

    既定値は [匿名ユーザーなし] になっているため、Qlik Sense ユーザーはユーザー ID と資格情報を入力する必要があります。

  4. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    ページの最下部に [更新完了] と表示されます。

匿名認証方法を適用するには、匿名ユーザーを許可するログイン アクセス ルールを作成する必要があります。

次の手順を実行します。

  1. QMC スタート ページから、または [スタートS] ドロップダウン メニューから [ライセンスの管理] を選択して、概要を表示します。

  2. [ログイン アクセス ルール] をクリックします。

  3. 編集するルールを選択し、操作バーの [編集] をクリックします。

  4. [関連するアイテム] の [ライセンス ルール] をクリックします。

  5. 編集するライセンス ルールを選択し、操作バーで [編集] をクリックします。

  6. [詳細設定] セクションの [条件] テキスト項目に、「user.isAnonymous()」を追加します。

これで、Qlik Sense を匿名で使用できるようになりました。