ライセンスのアクティブ化

初めて QMC を起動すると、[サイト ライセンス プロパティ] ページが表示されます。すべてのフィールドが空になっており、ライセンス情報を入力する必要があります。 ライセンス情報を入力すると、Qlik Sense サイトのルート管理者 (RootAdmin) になります。

シリアル番号とコントロール ナンバーまたは署名付きのキーを使用して、Qlik Sense Enterprise のラインセンスを認証することができます。Analyzer Capacity アクセス権のライセンスを付与する場合は、署名付きキーによるライセンスを使用する必要があります。

注: 署名付きキーによるライセンスに変更した後は、古いシリアル番号とコントロール ナンバーのライセンス モデルを再び使用することはできません。

次の手順を実行します。

  1. シリアル番号とコントロール ナンバーを使用して Qlik Sense のライセンスを認証している場合は、必須項目を入力します。

    1. 以下を入力します。
    2. [サイト ライセンス] プロパティ グループには、Qlik Sense システムのライセンスに関連するプロパティが含まれています。 全項目が必須で、空欄のままにはできません。

      プロパティ名 説明
      [所有者名] Qlik Sense 製品所有者のユーザー名。
      [所有者の組織] Qlik Sense 製品所有者が所属する組織の名称。
      [シリアル番号] Qlik Sense ソフトウェアに割り当てられているシリアル番号。
      [コントロール番号] Qlik Sense ソフトウェアに割り当てられているコントロール番号。
      LEF アクセス Qlik Sense ソフトウェアに割り当てられる License Enabler File (LEF)。
    3. [LEF アクセス] を展開し、[LEF の取得とライセンスのレビュー] をクリックして、Qlik Sense LEF サーバーから LEF ファイルをダウンロードします。あるいは、LEF ファイルから LEF の情報をコピーしてテキスト フィールドに貼り付けます。

      [LEF を正常に取得しました] と表示されます。

      注: シリアル番号かコントロール番号が正しくない場合には、「サーバーからの LEF を取得することに失敗しました」と表示されます。
  2. 署名付きのキーを使用して Qlik Sense のラインセンスを認証している場合は、専用の項目に署名付きのキーを入力します。
  3. アクション バーで [適用] をクリックし、変更内容を保存します。

    [ライセンス認証しました] というメッセージが表示されます。

  4. [閉じる] をクリックします。

これでライセンスが有効になります。次に、プロフェッショナル アクセスまたはユーザー アクセスを自分自身に割り当てます。

注: Qlik Sense にアクセスするために使用する消費モデルに基づいて、プロフェッショナルまたはアナライザー アクセス (ユーザーベースのライセンス) あるいはユーザー アクセスまたはログイン アクセス (トークンベースのライセンス) のアクセス タイプを管理することによって、ユーザーに Qlik Sense へのアクセス権を付与します。