ODBC の例

各データ ソースには異なる構成があります。以下に、ODBC ユーザー ディレクトリ コネクタを追加する 2 つの例 (csv と SQL) を示します。

ODBC の例 (csv)

次の手順を実行します。

  1. Microsoft Access Text Driver がインストールされていることを確認します。

  2. サーバーで ODBC ソースを設定します。以下の場所に、2 つの別個の csv ファイルのデータを保存する必要があります。%ProgramData%\Qlik\Sense\temp

    注: 既定のインストールには、一時フォルダは含まれせん。QMC 管理者が作成していなかった場合は、一時フォルダーを作成する必要があります。

    Table1.csv にはユーザー、Table2.csv にはユーザー属性が含まれます。 csv ファイルの値は、カンマ区切りです。

    Example:  

    Table1

    1 userid,name
    2

    JoD,John Doe

    Table2

    1 userid,type,value
    2 JoD,email,jod@gmail.com
  3. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー ディレクトリ コネクタ] を選択して、概要を表示します。 新規ユーザー ディレクトリ コネクタ (ODBC) を作成し、プロパティを編集します。

     

    [ID]

    全項目が必須で、空欄のままにはできません。

    LDAP ID のプロパティ
    プロパティ 説明
    [名前] QMC で定義された UDC プロパティの名前です。
    [タイプ]

    UDC タイプです。

    ユーザー同期設定

    プロパティ 説明 既定値
    [既存のユーザーのユーザー データの同期]
    • 選択されている場合は、既存のユーザーのみが同期されます。既存のユーザーは、Qlik Sense にログインしているユーザーや、構成済みディレクトリ サービスから同期されたことのあるユーザーです。
    • 選択されていない場合は、UDC のプロパティで定義されているすべてのユーザーが構成済みのディレクトリ サービスから同期されます。
    注: ユーザー属性は、ユーザーがハブにログインするときにのみ同期されます。QMC でユーザーを削除しても、削除されたユーザーに対してアクティブなセッションは引き続き有効です。ハブの更新のみが行われた場合、ユーザーはデータベースに追加されますが、いかなる属性も持ちません。

    選択値

    接続

    プロパティ 説明 既定値
    ユーザー ディレクトリ名

    ユーザー ディレクトリの名前。ユーザー ディレクトリは一意でなければなりません。一意でないと、コネクタは構成されません。この名前にスペースを含んではいけません。

    -
    ユーザー テーブル名 ユーザーが一覧表示されているテーブルの名前。 テーブル名にファイル拡張子を含めます。例:Table.csv. -
    属性テーブル名 ユーザー属性を含むテーブルの名前。 テーブル名にファイル拡張子を含めます。例:Table.csv. -
    表示されている接続文字列

    データ ソースへの接続に使われる接続文字列関数の表示可能な部分。以下のいずれかを指定します。

    • 完全な接続文字列。例:Driver={Microsoft Access Text Driver (*.txt, *.csv)};Extensions=asc,csv,tab,txt;Dbq=%ProgramData%\Qlik\Sense\temp
      • Driverは現在コンピュータにあるドライバを指定する必要があります。[ODBC データ ソース アドミニストレータ] で、指定するドライバーを確認してください。「データ ソース」を検索して、アプリケーションを見つけます。
      • Dbq: csv ファイルが保存されているフォルダへのパス。
    • 確立されたシステム DNS へのポインタ。例えば、dsn=MyDSN;
    注: データベースに接続する場合、2 つの接続文字列関数は単一の接続文字列関数に連結されます。
    -
    暗号化された接続文字列

    データ ソースへの接続に使われる接続文字列関数の暗号化された部分。通常、この文字列にはユーザー名とパスワードが含まれます。

    注: データベースに接続する場合、2 つの接続文字列関数は単一の接続文字列関数に連結されます。
    -
    同期タイムアウト (秒) データ ソースからのデータ読み取りのタイムアウト。 240

    Example:  

    ユーザー テーブル名:Table1.csv

    属性テーブル名:Table2.csv

    表示されている接続文字列:  Driver={Microsoft Access Text Driver (*.txt, *.csv)};Extensions=asc,csv,tab,txt;Dbq=%ProgramData%\Qlik\Sense\temp

  4. [適用] をクリックして変更を適用します。

  5. [ユーザー ディレクトリ コネクタ] の概要に進み、ユーザー ディレクトリが [構成済み] で [操作可能] として表示されているかチェックします。

    注: ユーザー ディレクトリ名が一意でなければ、コネクタは構成されません。操作可能でない場合は、リポジトリ システムのログインを確認します: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Repository\Trace

ODBC データ ソースが追加され、5 分以内に最初の同期が実行されます (既定)。

ODBC の例 (SQL)

次の手順を実行します。

  1. ユーザーを含めた SQL データベースを作成します。データベースには 2 つのテーブルを含め、1 つのテーブルにはユーザーを、もう 1 つのテーブルにはユーザーの属性を含めます。

    Example:  

    Table1: SQL ユーザー

    1 ID,userid,name
    2

    1,JoD,John Doe

    Table2: SQL 属性

    1 userid,type,value
    2 JoD,email,jod@gmail.com
    注: ユーザー ID が一意である場合、ID 列は冗長になります。
  2. サーバー (SQL Server Native Client 11.0 など) に SQL ドライバーをインストールします。

  3. QMC スタート ページから、あるいは [スタート] S ドロップダウン メニューから [ユーザー ディレクトリ コネクタ] を選択して、概要を表示します。 新規ユーザー ディレクトリ コネクタ (ODBC) を作成し、プロパティを編集します。

     

  4. [ID]

    全項目が必須で、空欄のままにはできません。

    LDAP ID のプロパティ
    プロパティ説明
    [名前] QMC で定義された UDC プロパティの名前です。
    [タイプ]

    UDC タイプです。

    ユーザー同期設定

    プロパティ

     

    説明既定値
    [既存のユーザーのユーザー データの同期]
    • 選択されている場合は、既存のユーザーのみが同期されます。既存のユーザーは、Qlik Sense にログインしているユーザーや、構成済みディレクトリ サービスから同期されたことのあるユーザーです。
    • 選択されていない場合は、UDC のプロパティで定義されているすべてのユーザーが構成済みのディレクトリ サービスから同期されます。
    注: ユーザー属性は、ユーザーがハブにログインするときにのみ同期されます。QMC でユーザーを削除しても、削除されたユーザーに対してアクティブなセッションは引き続き有効です。ハブの更新のみが行われた場合、ユーザーはデータベースに追加されますが、いかなる属性も持ちません。

    選択値

    接続

    プロパティ説明既定値
    ユーザー ディレクトリ名

    ユーザー ディレクトリの名前。ユーザー ディレクトリは一意でなければなりません。一意でないと、コネクタは構成されません。この名前にスペースを含んではいけません。

    -
    ユーザー テーブル名UsersTable など、ユーザーが含まれているテーブルの名前。
    注: Oracle ODBC ユーザー ディレクトリ コネクターを設定する場合、ユーザー テーブル名および属性テーブル名の前に、それらのテーブルの所有者を付ける必要があります。例: ただの USERS でなく OWNER.USERS。
    -
    属性テーブル名AttributesTable など、ユーザー属性が含まれているテーブルの名前。
    注: Oracle ODBC ユーザー ディレクトリ コネクターを設定する場合、ユーザー テーブル名および属性テーブル名の前に、それらのテーブルの所有者を付ける必要があります。例: ただの USERS でなく OWNER.USERS。
    -
    表示されている接続文字列

    データ ソースへの接続に使われる接続文字列関数の表示可能な部分。以下のいずれかを指定します。

    • 完全な接続文字列。例: Driver={SQL Server Native Client 11.0};Server=localhost;Database=Users;Trusted_Connection=yes;
      1. Driverは現在コンピュータにあるドライバを指定する必要があります。[ODBC データ ソース アドミニストレータ] で、指定するドライバーを確認してください。「データ ソース」を検索して、アプリケーションを見つけます。
      2. Server は接続するサーバーを指定する必要があります。
      3. Database はテーブルがあるデータベースを指定する必要があります。
      4. Trusted_Connection=yes は設定によって必要になる場合があります。この例では、必要です。
    • 確立されたシステム DNS へのポインタ。例えば、dsn=MyDSN;
    注: データベースに接続する場合、2 つの接続文字列関数は単一の接続文字列関数に連結されます。
    -
    暗号化された接続文字列

    データ ソースへの接続に使われる接続文字列関数の暗号化された部分。通常、この文字列にはユーザー名とパスワードが含まれます。

    注: データベースに接続する場合、2 つの接続文字列関数は単一の接続文字列関数に連結されます。
    -
    同期タイムアウト (秒)データ ソースからのデータ読み取りのタイムアウト。240

    Example:  

    ユーザー テーブル名:UsersTable

    属性テーブル名:AttributesTable

    表示されている接続文字列:   Driver={SQL Server Native Client 11.0};Server=localhost;Database=Users;Trusted_Connection=yes;

  5. [適用] をクリックして変更を適用します。

  6. [ユーザー ディレクトリ コネクタ] の概要に進み、ユーザー ディレクトリが [構成済み] で [操作可能] として表示されているかチェックします。

    注: ユーザー ディレクトリ名が一意でなければ、コネクタは構成されません。操作可能でない場合は、リポジトリ システムのログインを確認します: %ProgramData%\Qlik\Sense\Log\Repository\Trace

ODBC データ ソースが追加され、5 分以内に最初の同期が実行されます (既定)。