タイムアウェア チャートの作成

タイムアウェア チャートは、連続的なスケールを使用して、時間ベース データの詳細かつ正確なビューを提供するビジュアライゼーションです。つまり、日付項目を含むチャートの X 軸において、連続的なスケーリングを有効にすると、データ ポイントは関連付けられた時間を基準にした距離に従って、互いに分離されます。同様に、軸ラベルはポイントにデータがあるか否かに関わらず均等に分割され、データビューはスクロールする必要が無いように圧縮表示されます。

注: 連続的なスケールは折れ線グラフ、棒グラフ、コンボ チャートに対応しています。

連続的なスケールは、次のような日付項目で一般的に使用されます。

  • 時間
  • 年月
  • 四半期
  • 年四半期
  • タイムスタンプ

連続的なスケールの追加

次の手順を実行します。

  1. シート ビューのツールバーで、 ツール バーで [@ 編集] をクリックします。

  2. 編集する折れ線グラフをクリックします。

  3. プロパティ パネルで、[スタイル] タブをクリックします。
  4. [X 軸] セクションで、[連続的なスケールを使用する] をオンにします。

    チャートが縮小され、データ ポイントとラベルが再調整されます。

時間対応チャートでの選択の実行

時間対応チャートを参照する場合、短い期間にズーム インすると、表示されているデータのスナップショットを取得したり、データ値を選択したりすることができます。範囲の選択を使用して時間軸上で行った選択の場合は、(表示されていないデータ値も含めて) すべてのデータ値が選択されます。メジャー軸で行った選択の場合、または囲み選択を使用した場合は、表示されている値のみが選択されます。