Web ページにビジュアライゼーションまたはシートを埋め込む

Single Integration API を使用して、 Qlik Sense ビジュアライゼーションまたはシートを Web ページの iframe 要素に統合できます。例えばイントラネット上の Web ページなどが、これに当たります。どのビジュアライゼーションまたはシートを埋め込むかを選択し、選択、インタラクション、および外観をカスタマイズするための設定を実施します。その後、オブジェクトの URL を含む iframe コードをコピーし、Web ページに追加します。

埋め込まれたオブジェクトは、元のオブジェクトやアプリと同様のアクセス ルールが適応されます。これは、埋め込まれたオブジェクトを表示したい場合は、 以下が必要であることを意味しています。

  • Qlik Sense へのアクセス権。
  • アプリへのアクセス権。アプリが ([マイ ワーク] 内) で未公開の場合、自分のみがアクセス権を持ちます。
  • シートへのアクセス権。公開アプリでそのシートが未公開 ([マイ シート] 内) の場合は、自分のみがアクセス権を持ちます。
  • 選択に使用されているブックマークへのアクセス権。プライベート ブックマークは自分自身には適用されますが、他の人には適用されません。
  • データ アクセスを制限するためにセクション アクセスが使用されている場合は、選択で使用されているデータへの自分と同じアクセス権です。

シートを埋め込む

Web ページにシートを埋め込むことができます。

次の手順を実行します。

  1. グローバル メニューの [埋め込みシート] をクリックします。

  2. 埋め込みシートの選択、外観、およびインタラクション オプションをカスタマイズします。

  3. 埋め込みシートのプレビューを表示するには、[新規タブでプレビューを表示] をクリックします。
  4. [コピー] をクリックします。

これにより、クリップボードにシートの iframe コードが入り、Web ページに追加する準備が整いました。

ビジュアライゼーションの埋め込み

Web ページにビジュアライゼーションを埋め込むことができます。

次の手順を実行します。

  1. ビジュアライゼーションのコンテキスト メニュー、またはマスター ビジュアライゼーションのツールバーで [埋め込みチャート] をクリックします。

  2. 埋め込みビジュアライゼーションの選択、外観、およびインタラクション オプションをカスタマイズします。

  3. 埋め込みビジュアライゼーションのプレビューを表示するには、[新規タブでプレビューを表示] をクリックします。
  4. [コピー] をクリックします。

これにより、クリップボードにビジュアライゼーションの iframe コードが入り、Web ページに追加する準備が整いました。

外観と相互作用の設定

埋め込まれたオブジェクトと相互作用する方法をカスタマイズできます。

  • 相互作用を許可

    ユーザーが埋め込まれたオブジェクトと相互作用可能にするかどうかを選択できます。

  • コンテキスト メニューを有効化

    埋め込まれたオブジェクトを右クリックしたときに、コンテキスト メニューを使用可能にするかどうかを選択できます。

  • 言語

    埋め込まれたオブジェクトのメニューで使用する言語を選択できます。

  • テーマ

    埋め込まれたオブジェクトで使用するテーマを選択できます。

埋め込まれたオブジェクト内の選択

ユーザーが埋め込まれたオブジェクトで選択可能かどうか、および埋め込まれたオブジェクトで表示する選択ステートを選ぶことができます。

  • 現在の選択条件を使用

    アプリで現在選択されている条件を使用するように選択できます。

  • 選択バーを表示

    シート上に選択バーを表示するように選択できます。

  • 選択条件を許可

    ユーザーが埋め込まれたオブジェクトで選択可能にするかどうかを選択できます。[相互作用を許可] も有効にする必要があります。

  • ロードの選択をクリア

    オブジェクトがレンダリングされるときに、アプリで行われたすべての選択をクリアするように選択できます。

  • ブックマークの適用

    ブックマークの適用を選択し、ブックマークに定義されている選択項目を使用することができます。

埋め込まれたオブジェクトを含むページがレンダリングされる場合、初期選択ステートは実行順序と設定によって定義されます。

  1. ロードの選択をクリア

  2. ブックマークの適用

  3. 現在の選択条件を使用

埋め込まれたオブジェクトで選択を行う場合、それらはアプリで複製されます。例えば、[ロード時の選択をクリア] を選んで埋め込まれたオブジェクトを使用すると、選択はアプリでクリアされます。

ヒント: [新規タブでプレビューを表示] を使用して埋め込まれたオブジェクトをプレビューしたり、アプリで選択されている条件に影響を与えずに操作できます。

埋め込まれたオブジェクトの制限

  • [シートの埋め込み] および [チャートの埋め込み] 機能は、モバイルデバイスでは利用できません。
  • ブラウザの制限により、URL は 2083 文字に制限されています。URL が長すぎる場合、これは多数の個別選択によるものが最も可能性が高いです。

    ヒント: 同様の選択セットを使用してブックマークを作成し、そのブックマークを適用できます。これにより、もっと短い URL が作成されます。