Funnel chart エクステンション

ファネル チャート (Funnel chart) はビジュアライゼーション エクステンションの 1 つで、これにより、1 つのプロセスの連続するステージを示す連続チャートを追加できます。各ステージは減少していき、前の段階のサブセットを含みます。チャートは徐々に減少して狭まり続けるファネル形状になります。

ファネル チャートには、1 つのプロセスにおける複数ステージの値が示されます。このチャートにより、何であれサイズが減少し続けるプロセスを表すことができます。ファネル チャートは、100% で開始し、低いパーセントで終わるプロセスを示します。チャートの各セグメントは特定の項目の値を表し、他のセグメントのサイズに影響を与えます。ファネル チャートは Visualization bundle に含まれています。

  • このチャートには、軸が 1 つとメジャーが 1 つ必要です。
  • 棒グラフとは異なり、ファネル チャートの各セグメントは中心が同じで、ファネル形状を形成します。
  • ステージが減少していくのではなく増加していくチャートはプラミッド グラフです。

使用に適しているケース

ファネル チャートは、たとえば次の場合のように、プロセスの各ステージと各ステップの全体的な減少を表現する場合に効果的です。

  • ステージごとの潜在的な収益額を示す販売プロセスを表す。
  • 販売パイプラインの各ステージでの見込み販売数を表現する (すなわち、購入する見込み客からのプロセス)。
  • 販売プロセスの潜在的な問題領域とボトルネックを特定する。
  • 販売プロセスを新しいチーム メンバーとベンダーに伝達する。
  • 訪問者のホームページ ヒット数からダウンロードなどの他の領域まで、Web サイト訪問者の傾向を表現する。
  • 開始された注文を一番上にして注文の履行状況を表し、続いて配達中の注文、配達された注文、取り消された注文、返品された注文などを示す。
  • 極秘事項から未分類に至る情報の流れを示す。
  • 一般知識から専門知識に至る知識領域を表す。

ファネル チャートの作成

ファネル チャートは、編集中のシートで作成できます。ファネルの棒が対応する対象 (メジャー) とグループ化の方法 (ラベルとして使用する項目値 (軸)) を決めます。軸の値は、常にメジャー値別に降順で表示されます。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルで [カスタム オブジェクト Visualization bundle] を開き、[Funnel chart] オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. 一番上の [軸の追加] ボタンをクリックし、チャートのターゲット軸 (通常はターゲット市場) を選択します。
  3. [メジャーを追加] ボタンをクリックしてチャートのメジャー (測定対象) を選択します。軸 (軸ラベル) とメジャー (値ラベル) を選択すると、チャート項目にファネル チャートが自動的に (色付きで) 表示されます。
  4. [Done] をクリックしてメイン表示項目に戻ります。
  5. [地域] で該当する地域をクリックします。チャート項目が更新され、選択したパラメーターと詳細が表示されます。

軸、メジャー、地域の詳細は、編集モードに戻ってもチャート項目に表示され続けます。

Example:


販売プロセスにおいて見込み客から顧客に変わる割合を示したファネル チャート。

チャートの外観の変更

グラフは 1 つ以上の機能を指定してカスタマイズできます。グラフは自動的に更新されます。

ファネル モード

次の手順を実行します。

  1. プロパティ パネルで [スタイル] > [プレゼンテーション] をクリックします。
  2. [ファネル モード] のドロップダウン メニューでファネルの形状を選択します。

    • エリア: 各項目のエリアはメジャーに比例しており、チャート全体や内容ではなく、個々のセグメントの高さのみが影響を受けます。



    • 高さ: 各項目の高さはメジャーに比例しており、チャート全体や内容ではなく、個々のセグメントの高さのみが影響を受けます。



    • : 上端の幅はメジャーの最大値に比例しています。最上部のセグメントは常に 100% で、続くセグメントのサイズは最初のセグメントに相対的です。最下部のセグメントは方形です。これはファネルの形状に影響し、各セグメントには個々の傾斜があります。



    • 順序: メジャーにより、最大値を最上部にしてセグメントの順序付けのみが行われます。順序は固定されるため、ファネルの形状には影響しません。



色オプションにより、ファネル チャネルのセグメントを区別または統一できます。色は、既定の設定 [自動] (プロパティ パネルの [スタイル] > [色]) のままにすることにより自動的に選択可能です。また色は、カラー パレットから設定するか、定義済みの色セットによる配色から選択することもできます。さらに、色相環 (カラー パレットでイーゼル記号をクリック) から、またはイーゼル記号の横のフィールドに色コード文字列を入力することによって、個別に選択することもできます。数式エディタで、数式を使用してフォントを変更することもできます (Expression)。色は有効な CSS 色にする必要があります。

メイン カラーを設定します。

  • 単色: ファネル チャート全体で単色を使用できます。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [] メニューから [単色] を選択します。チャートが更新されます。
    4. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。

    5. カラー パレット ボックスをクリックし、カラー パレットから適切な色を選択します。



  • [軸ごと]: ファネル チャート全体を軸ごとに色付けすることもできます。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [] メニューで [軸ごと] を選択します。前のステップで選択した軸およびメジャーに従ってチャートが更新され、プロパティ パネルにも表示されます。
    4. チャートで使用する 3 つの色オプションの 1 つを選択します。

      • 固定色: [固定色] ボックスをクリックすると、チャートが更新されます。
      • 12 色グラデーション配色: [12 色] で適用する色のボタンをクリックします。
      • 100 色グラデーション配色: [100 色] で適用する色のボタンをクリックします。

  • メジャーごと: ファネル チャート全体をメジャーごとに色付けすることもできます。既定では、最初に選択したメジャーが [メジャーの選択] に表示されます。新しいメジャーを選択できるようにするには、まずこのメジャーのリンクを解除する必要があります。数式エディタで、数式を使用してメジャーを変更することもできます (Expression)。

  • ライブラリ カラーの変更:

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [] メニューで [メジャーごと] を選択します。
    4. [Library colors] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションをオフにし、独自の設定にします。
    5. 好みに応じて、[配色] で適用可能な配色を選択します。



  • 色を反転: チャートの色の順序は、メジャーに基づいて反転することもできます。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [] メニューで [メジャーごと] を選択します。チャートが更新されます。
    4. [色を反転] ボタンをオンにすると、チャートの色の順序が反転します。

  • メジャーごとの色範囲: メジャーに基づいてチャートの色範囲を設定できます。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [] メニューで [メジャーごと] を選択します。
    4. [範囲] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションをオンにします。
    5. [範囲] > [最小値] で最小範囲値を入力し、Enter を押します。数式エディタで、数式を使用して最小範囲値を変更することもできます (Expression)。
    6. [範囲] > [最大値] で最大範囲値を入力し、Enter を押します。数式エディタで、数式を使用して最大範囲値を変更することもできます (Expression)。

  • 数式を使用: 色は、数式を入力するか、数式エディタで設定することもできます (Expression)。使用する色は有効な CSS 色にする必要があります。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [色] をクリックします。
    2. [] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションを [自動] から [カスタム] に切り替えます。
    3. [色] メニューで [数式を使用] を選択します。チャートが更新されます。
    4. [数式] でカラー コード文字列を入力し、Enter を押します。数式エディタで、数式を使用して色を変更することもできます (Expression)。

数式がカラーコードの場合は、[数式は色分けされています] ボックスをオフにします (既定ではオフ)。次にラベルを変更し、別の配色を選択して、ファネル チャートの色順序を反転するか、新しい色範囲を選択します。

スタイル、書式設定

軸とメジャーの両方の値の位置および順序は、別の方法で表示可能です。たとえば、軸値を非表示にしたり、数値またはパーセント値として表示したりすることができます。

  • 数値書式: メジャー値の書式はカスタマイズすることもできます。同じ値に異なる書式設定を適用可能です。チャートが更新され、変更された数値型が反映されます。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [データ] > [メジャー] をクリックし、選択したメジャーをクリックします。
    2. [数値書式] メニューで適切な数値書式を選択すると、チャートが更新されます。

  • 値ラベル: メジャー ラベルはさまざまな方法で設定可能です。メジャーは、数値またはパーセント値として表示できます。

    次の手順を実行します。

    1. プロパティ パネルで [スタイル] > [プレゼンテーション] をクリックします。
    2. [値ラベル] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションをオフにします。
    3. メニューから、チャートでのラベルの表示方法を選択します。

  • Hide Dimension Label: このオプションにより、ファネル チャートの軸ラベルを非表示にします。ラベルを非表示にするには、プロパティ パネルで [スタイル] > [プレゼンテーション] をクリックします。[軸ラベル] スライド ボタンを左にスライドしてこのオプションをオフにします。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するエクステンション バンドルの 制限」を参照してください。