ツリーマップのプロパティ

ビジュアライゼーションのプロパティ パネルは、 Editツールバーで [編集] をクリックし、編集するビジュアライゼーションをクリックして開きます。

プロパティ パネルが非表示になっている場合は、右下にある [] open right panelをクリックして開きます。

注: ビジュアライゼーションの右上に Linked Objectが表示されている場合、そのビジュアライゼーションはマスター アイテムにリンクされています。リンクされたビジュアライゼーションは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、ビジュアライゼーションのリンクを解除すれば編集できるようになります。
注: プロパティ パネルの設定の一部は、たとえば、複数の軸またはメジャーを使用している場合、あるいは、他のオプションを有効にするようなオプションを選択する場合など、特定の状況下でのみ使用できます。

データ

[追加] をクリックして、軸またはメジャーを追加します。

[データ] タブで、[] の下で [追加] をクリックして、利用可能な [] と [項目] の一覧を開きます。使用したい軸または項目を選択します。

また、 Expressionをクリックして数式エディターで軸を作成することもできます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。 軸を作成するもう 1 つの方法は、テキスト ボックスに直接数式を入力することです。この方法で追加する数式は、等号 (=) で始める必要があります。計算軸の例を以下に示します。

=If (Week < 14, Week, 'Sales')

[追加] が淡色表示されている場合は、軸を追加できません。

  • <軸名>: 軸の名前をクリックして、軸の設定を開きます。

    軸を削除する場合は、ダイアログで軸をロングタッチ/右クリックし、 Deleteを選択します。または、軸をクリックして、 Delete.

    • : マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされている軸を編集するには、まずリンクを解除する必要があります。
    • 項目: アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。3 をクリックして、数式エディタを開きます。
    • ラベル: 軸のラベルを入力します。 アセット パネルの [項目] から項目を追加してある場合は、その項目名が自動的に表示されます。
    • 値を null含める: 選択すると、すべての null 軸のメジャー値がまとめられ、1 つの軸アイテムとしてビジュアライゼーションに表示されます。null 値はすべて、空白またはダッシュ (-) で表示されます。
    • 制限: 表示される値の数を制限します。制限を設定する場合、メジャー値が制限の条件に合う軸のみが表示されます。
      • 制限なし: 既定値。

      • 固定数: 一番上または一番下の値を選択して表示します。値の数を設定します。 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • 厳密値: 演算子を使用して制限値を厳密に設定します。 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • 相対値: 演算子を使用して制限値をパーセントで相対的に設定します。 数式を用いて数値を設定することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。

      • メジャーで計算結果: <measure>: 表示される軸の値の数に何らかの制限を行った場合に表示されます。 メジャー値が条件を満たす軸が表示されます。

    • [その他の表示]: 選択すると、ビジュアライゼーションの最後の値 (グレーで表示) によって残りの値がすべて要約されます。何らかの制限が設定されている場合 ([固定数]、[厳密値]、または [相対数])、その設定で値は 1 としてカウントされます。 例えば、[厳密値] を 10 に設定して使用すると、10 番目の値は [その他] になります。
    • その他のラベル: 集計値のラベルを入力します ([その他の表示] の選択時)。数式をラベルとして使用することも可能です。3 をクリックして、数式エディタを開きます。
  • マスター アイテム: 軸の評価に基づいてマスター軸を作成するには、[新規作成] をクリックします。

  • 代替値を追加: 代替軸および代替メジャーは、ビジュアライゼーションに追加される軸およびメジャーですが、視覚的な探索の間に表示される軸およびメジャーの切り替えをユーザーが行うまで表示されません。

軸をドラッグすれば、ビジュアライゼーションでの軸の表示順序を設定できます。順番を並べ替えるには、バーのドラッグ (o) を使用します。

項目を [メジャー] から [] にドラッグして、使用方法を変更できます。メジャーを [] に移動すると、その集計が削除されます。マスター メジャーを [] にドラッグすることはできません。数式が単純な場合は、メジャーのみを [] にドラッグできます。数式の詳細については、「ビジュアライゼーションにおける数式の使用」を参照してください。

メジャー

[データ] タブで、[メジャー] の下で [追加] をクリックして、利用可能なメジャーの一覧を開きます。ビジュアライゼーションに追加したいメジャーを選択します。 項目を選択すると、自動的にそのメジャーに対して選択可能な共通の集計関数が表示されます。

利用できるメジャーがない場合は、作成する必要があります。テキスト ボックスに直接数式を入力するか、 Expressionをクリックして、数式エディターでメジャーを作成します。

マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。

[追加] が淡色表示されている場合は、メジャーを追加できません。

  • <メジャー名>: メジャーをクリックして、メジャーの設定を開きます。

    メジャーを削除する場合は、ダイアログでメジャーをロングタッチ/右クリックして Deleteを選択します。または、メジャーをクリックし、 Deleteをクリックします。

    • 数式:3 をクリックして、数式エディタを開きます。 既存の数式が既定で表示されます。

    • ラベル: メジャーのラベルを入力します。[マスター アイテム] に保存されていないメジャーは、既定で数式がラベルに表示されます。
    • メジャー: マスター アイテムの場合のみ表示されます。マスター アイテムにリンクされているメジャーを編集するには、まずそのメジャーのリンクを解除する必要があります。
    • 数値書式: メジャー値の書式を設定するには、さまざまなオプションが利用できます。1 つのメジャーだけでなく、アプリ全体で数値の書式を変更したい場合は、地域の設定で変更することをお勧めします。その場合は、データ ロード エディターでスクリプトの先頭に記述された SET ステートメント内で指定します。
    • 以下の数値書式を使用できます。

      • 自動:Qlik Sense は、ソース データに基づいて数値書式を自動的に設定します。

        数値の省略形の表示には、k (千)、M (百万)、G (十億) などの国際単位系が使用されています。

      • [数値]: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。

        Examples:  

        • # ##0 区切り記号付きの 3 桁の整数として数値を表示します。この例では、" " は千の位をわかりやすくするために使用されています。
        • ###0 は、3 桁区切りの記号なしの整数で数値を表示します。
        • 0000 は、4 桁以上の整数で数値を表示します。例えば、数値 123 は、0123 と表示されます。
        • 0.000 小数点以下 3 桁で数値を表示します。この例では「.」は小数点の記号として使用されています。

        書式設定パターンにパーセント記号 (%) を加えると、メジャーの値は自動的に 100 倍されます。

      • 通貨: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが通貨に使用されます。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。
      • [日付]: デフォルトの書式設定は [シンプル] に設定されており、ドロップダウン リストのオプションから書式設定を選択できます。[カスタム] 書式設定に変更するには、ボタンをクリックし、書式パターンを変更するには [書式パターン] ボックスを使用します。
      • 期間: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが期間に使用されます。日数として設定することも、日数と時間、分、秒、1 秒未満の間隔を組み合わせることも可能です。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。
      • カスタム: 既定では、オペレーティング システムの書式パターンが使用されます。書式パターンを変更するには、[書式パターン] ボックスを使用します。
        • 小数点の記号: 小数点の記号を設定します。
        • 3 桁区切り:  3 桁区切りの記号を設定します。
        • 書式パターン:  数値の書式パターンを設定します。
        • パターンのリセット: クリックすると既定のパターンにリセットされます。
      • 数式の評価: 書式パターンが数式の評価によって決定されます。このオプションを使用して、ビジュアライゼーションでメジャーのカスタム数値書式を表示します。

        制限事項:

        メジャーを受け入れているビジュアライゼーションでのみ機能します。

        ボックス プロットでは使用できません。

        軸の数値書式には反映されません。

  • マスター アイテム: 数式の評価に基づいてマスター メジャーを作成するには、[新規作成] をクリックします。

  • 代替値を追加: 代替軸および代替メジャーは、ビジュアライゼーションに追加される軸およびメジャーですが、視覚的な探索の間に表示される軸およびメジャーの切り替えをユーザーが行うまで表示されません。

項目を [] から [メジャー] にドラッグして、使用方法を変更できます。軸を [メジャー] に移動すると、集計が割り当てられます。マスター軸を [メジャー] にドラッグすることはできません。

ソート

ソートはメジャーのサイズに応じて自動的に行われます。

拡張機能

  • データの処理:

    • ゼロ値を含める: オフのままにすると、値「0」を持つメジャーはプレゼンテーションに含まれません。メジャー値が複数の場合、プレゼンテーションから除外されるには、すべてのメジャー値が値「0」である必要があります。

    • 演算実行条件:  このテキスト項目で数式を指定して、オブジェクトが表示されるために満たす必要がある条件 (真) を設定します。値は、計算式として入力できます。例: count(distinct Team)<3。条件が満たされない場合は、[表示されたメッセージ] に入力されたメッセージまたは数式が表示されます。

      演算実行条件は、チャートやテーブルが非常に大きく、ビジュアライゼーションの応答が遅い場合に便利です。演算実行条件は、たとえば、ユーザーが選択を適用してデータを処理できるレベルにフィルタリングするまでは、オブジェクトが表示されないようにするといった場合に役立ちます。

スタイル

基本設定

  • タイトルの表示:  チャートのタイトル、サブタイトル、脚注を有効または無効にします。

    [タイトル]、[サブタイトル]、[脚注] を入力します。デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈されます。ただし、数式、あるいはテキストと数式の組み合わせをテキスト項目として使用することもできます。文字列の先頭に等号 (=) が付いている場合、この文字列に数式が含まれていることを意味します。

    数式エディターを使用して数式を作成する場合は、 Expressionをクリックします。

    Example:  

    ここで、引用符を含む文字列 'Sales: ' & Sum(Sales) が使用されていると仮定します。

    デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈され、例のように表示されます。ただし、='Sales: ' & Sum(Sales) のように文字列の先頭に等号を付けると、この文字列は数式として解釈されます。出力は Sales: <value of expression>のようになり、<value of expression> は計算値です。

  • 詳細を表示: 説明、メジャー、およびディメンションなどの詳細を表示するようユーザーが選択できるようにする場合に、[表示] に設定します。

代替ステート

  • State: Set the state to apply to the visualization. You can select:

    • Any alternate state defined in Master items.
    • <inherited>, in which case the state defined for the sheet is used.
    • <default state>, which represents the state where no alternate state is applied.

    For more information about alternate states, see 代替ステートを使用した比較分析.

プレゼンテーション

  • ヘッダーとラベル: [自動] 設定にすると、ツリーマップの表示サイズが変化します。非常に小さいツリーマップにヘッダーやリーフ ラベルはありません。小さいツリーマップにはオーバーレイ ラベルはありますが、リーフ ラベルは含まれていません。大きいツリーマップにはヘッダーと (一部の) リーフ ラベルが含まれています。[カスタム] オプションでは、ヘッダーとリーフ ラベルを設定できます。
    • ヘッダー: [オフ] に設定すると、[オーバーレイ ラベル] を [オフ] に設定して [オーバーレイ ラベル] を使用するか、ラベルをまったく使用できなくなります。

    • リーフ ラベル: [自動] 設定では、十分なスペースがある場合にリーフ ラベルが表示されます。
    • 値ラベル: 棒上で値ラベルを非表示にする場合、これを [オフ] に設定します。[自動] 設にすると、十分なスペースがある場合には値ラベルが表示されます。

色と凡例

  • : チャートの値の配色を選択します。次の 2 つから設定できます。
    • 自動:  既定の設定を使用してチャートの値に色を付けます。
    • カスタム: チャートの値に対する配色を手動で選択します。次の方法を使用できます。
      • 単色: 単一の色 (既定は青) を使用してチャートに配色します。軸の色を変更するには、色の選択ツールを使用します。
        • ライブラリ カラーを使用: ビジュアライゼーションで使用されるマスター軸またはマスター メジャーに色が割り当てられている場合に使用できるオプション。このオプションを選択して、マスター アイテムの色を使用するか、またはマスター アイテムの色を無効にすることができます。ビジュアライゼーションに、色が割り当てられているマスター軸とマスター メジャーの両方がある場合は、ビジュアライゼーションでどちらを使用するかを選択できます。

      • [軸ごと]: 軸の値ごとにチャートに色を付けます。デフォルトでは、12 の固有色が軸に使われます。軸値が 12 以上ある場合、同じ色が再利用されます。 選択している場合、以下の設定を利用できます。

        • 軸の選択: このチャート内のオブジェクトを色分けする値を含む項目または数式を入力します。
        • ライブラリ カラー: マスター軸の色を使用するのか、マスター軸の色を無効にするのかを選択します。ビジュアライゼーションで使用されるマスター軸に色が割り当てられている場合にのみ利用可能なオプションです。
        • 固定色: 選択ステートが異なる場合にも同じ色にすることを選択します。
        • 配色: それぞれの値に使用する配色を [12 色] または [100 色] から選択します。12 色は色覚障がいをお持ちの方でも識別できますが、100 色についてはこの限りではありません。

      • メジャーごと:
        • メジャーの選択: チャートの色分けに使用するメジャーを選択します。
        • ライブラリ カラー: マスター メジャーの色を使用するか、またはマスター メジャーの色を無効にするかどうかを選択します。ビジュアライゼーションで使用されるマスター メジャーに色が割り当てられている場合にのみ利用可能なオプションです。
        • ラベル: 凡例に表示するメジャーのテキストまたは数式を入力します。
        • 配色: 次のオプションから配色を選択します。
          • 連続グラデーション: 他のカラー グループに移行する際にグラデーションを使用します。メジャー値が高いほど、色相が濃くなります。

          • 連続クラス: 他のカラー グループに移行する際に完全な別色を使用します。

          • 発散グラデーション: 低い値から高い値に並べられているデータで作業を行う際に使用します (チャートの各領域の関係を表示する場合など)。低い値と高い値の色が濃くなり、中間の色は薄くなります。
          • 発散クラス: 2 種類の連続クラスとして表示されます。中間範囲は重ねられます。上端と下端は濃い色と対照的な色相を用いて強調される一方、中間範囲の臨界値は薄い色で強調されます。
        • 色を反転: 選択すると、配色が反転します。
        • [範囲]: メジャーごとまたは数式ごとの配色に使用する値の範囲を指定します。
          • 自動: メジャーの値ごとまたは数式の値ごとに色の範囲を設定します。
          • カスタム: これを選択している場合、色の範囲の [最小値] と 最大値 の値を設定できます。
      • 数式を使用: 値の色を指定する数式を使用してチャートに配色します。対応している色の形式は次のとおりです。RGBARGBHSL
        • 数式: 使用したい数式を入力します。 3 をクリックして、数式エディタを開きます。
        • 数式は色分けされています: デフォルトで選択されています。一部の例外を除き、このオプションを使用するようにしてください。選択を解除すると、数式は数を評価するため、チャートのグラデーションの 1 色に対してプロットされます。

          詳しくは「ビジュアライゼーションを色分けする」を参照してください。

          メジャーや数式により色分けをする場合、色の範囲を設定できます ([Min] と [Max] 値)。色の範囲を設定すると、選択やページングを行っても色は固定されたままになります。数式による色分けを使用する場合は、色の範囲を設定する前に、[数式は色分けされています] オプションをクリアにしてください。

  • 凡例の表示: [単色] が選択されている場合は利用できません。デフォルトでは、[オフ] に設定されます。十分なスペースがあれば凡例が表示されます。配置は [凡例の位置] 設定で変更できます。
  • 凡例の位置: 凡例を表示する場所を選択します。
  • 凡例タイトルの表示: 選択すると、凡例のタイトルが表示されます。