ヒストグラム

ヒストグラムは、連続した間隔または一定の期間における数値データの分布を視覚化するのに適しています。データはビンに分割され、ヒストグラムのそれぞれの棒は各ビンにおいて集計された頻度を表します。

Histogram.

使用に適しているケース

ヒストグラムは、連続した間隔または一定の期間における数値データの分布を視覚化するのに適しています。

長所

ヒストグラムは、軸を 1 つだけ使用して大量のデータを編成し、ビジュアライゼーションを素早く生成します。

短所

ヒストグラムではデータ分布の概要を処理するため、データの詳細な分析には不適切です。

ヒストグラムの作成

編集中のシートにヒストグラムを作成することができます。1 つのヒストグラムにつき軸を 1 つだけ適用できます。ビンで整理されたデータの頻度は自動的に計算されるため、ヒストグラムにメジャーは必要ありません。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルから、空のヒストグラムをシートにドラッグします。
  2. 頻度を計算する軸を追加します。

ヒストグラムを作成したら、プロパティ パネルで外観の調整や他の設定の変更ができます。詳しくは「ヒストグラムのプロパティ」を参照してください。

軸の制限

ヒストグラムで使用する軸にはいくつかの制限があります。

  • 軸は数値項目でなければなりません。
  • 結果の項目が数値の場合であっても、数式エディタを使用して作成されたマスター軸を使用することはできません。
  • 軸は、集計関数をベースにすることはできません。