ゲージ

ゲージは単一のメジャー値を表示し、その値をどのように解釈すればよいかを可視化します。

A gauge.

使用に適しているケース

ゲージは、KPI を表示する際にしばしば使用されます。例えば、エグゼクティブ ダッシュボードで、セグメント分割と色分けと共に使用すると、業績を示す方法として効果的です。

値を分かりやすくするには、適切な最小値と最大値を設定することが重要です。コンテキストを追加するために、基準線を追加することもできます。

長所

ゲージは読みやすく理解しやすいため、1 つの分野の実績がひと目でわかります。

短所

ゲージは、可視化する単一の値に対してかなり多くのスペースが必要です。

視覚的には説得力のある表示ができますが、ゲージは、必ずしも単一のメジャー値の表示に最も適した方法ではありません。最小値と最大値をうまく決定できない場合、他のビジュアライゼーションを使用した方がよいこともあります。

ゲージを使用せずに業績の値を表示する場合は、代わりに KPI を使用することを検討してください。

ゲージの作成

編集中のシートにゲージを作成することができます。ゲージにはメジャーを 1 つだけ含めることが可能ですが、軸を含めることはできません。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルから、空のゲージをシートにドラッグします。
  2. [メジャーを追加] をクリックし、メジャーを選択するか、項目からメジャーを作成します。

ゲージを作成したら、プロパティ パネルで外観の調整や他の設定の変更ができます。

デフォルトでは、ゲージには以下の設定が使用されます。

  • 放射ゲージ。
  • 単色 (青)。
  • 範囲限度: 最小 (0)、最大 (100)。
  • セグメントなし。
  • ラベルとタイトルは中間目盛で表示されます。

例えば、放射ゲージを棒に変更し、色グラデーションを使用できます。

Bar gauge with a color gradient.

表示の制限

メジャー値が範囲限度外の場合、メジャー値が範囲限度よりも上か下かを矢印で示します。