コンテナー エクステンションの表示/非表示

表示/非表示コンテナーは、条件に基づいてマスター ビジュアライゼーションを表示または非表示にできるビジュアライゼーション エクステンションです。表示/非表示コンテナーは Dashboard bundle に含まれています。

注: このビジュアライゼーション エクステンションは、コンテナー オブジェクトに置き換えられます。 詳しくは、次を参照してください: コンテナー

使用に適しているケース

表示/非表示コンテナーは、基づく対象に応じて、異なるビジュアライゼーションを表示したい場合に有用です。たとえば、以下の条件に基づく場合に有用です。

  • どのユーザーがチャートにアクセスしているか。
  • 変数値。
  • 条件式での GetPossibleCount() 関数の使用によって項目が取りうる値の数。

表示/非表示コンテナーの作成

編集中のシートに表示/非表示コンテナーを作成することができます。作成済みのマスター ビジュアライゼーションが少なくとも 2 つ必要です。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルの [カスタム オブジェクト] > [Dashboard bundle] から、Show/hide container オブジェクトをシートにドラッグします。
  2. プロパティ パネルの [Visualizations] で [Add Visualization] をクリックします。
  3. [Master Object] でマスター ビジュアライゼーションを選択します。

  4. [Show Condition for Chart] でチャートの表示条件を追加します。通常、If() 関数を使用します。

    if - スクリプトおよびチャート関数

  5. 異なる表示条件でビジュアライゼーションをさらに追加します。

これで、[Visualizations] に 2 つのビジュアライゼーションが存在します。チャートの条件が 1 の場合は表示され、0 の場合は非表示になります。このコンテナーは 1 つのチャートのみ表示できます。両方の条件が 1 の場合は最初のチャートが表示されます。すべてのチャートの条件が 0 の場合、すべてのチャートが非表示になります。

制限事項

全般的な制限事項については、「Qlik が提供するエクステンション バンドルの 制限」を参照してください。

別の表示/非表示コンテナーの内側に表示/非表示コンテナーを格納するマスター ビジュアライゼーションを使用することはできません。