コンテナーのプロパティ

コンテナーのプロパティ パネルは、 Editツールバーで [編集] をクリックし、編集するコンテナーをクリックして開きます。

プロパティ パネルが非表示になっている場合は、右下にある []open right panelをクリックして開きます。

注: コンテナーの右上隅に Linked Objectが表示されている場合、そのコンテナーはマスター アイテムにリンクされています。リンクされているコンテナーは編集できませんが、マスター アイテムは編集可能です。また、コンテナーのリンクを解除すれば編集できるようになります。
注: プロパティ パネルの設定の一部は、たとえば、複数の軸またはメジャーを使用している場合、あるいは、他のオプションを有効にするようなオプションを選択する場合など、特定の状況下でのみ使用できます。

コンテンツ

[追加] をクリックして、チャートをコンテナーに追加します。コンテナーに 2 つ以上のチャートがある場合は、チャートをドラッグしてタブの順序を設定できます。

各チャートは [Content] (コンテンツ) で編集できます。

  • Label: チャートのラベルをタブに表示する方法を変更します。
  • Show condition: チャートの表示条件を追加します。通常は If() 関数を使用します:
  • if - スクリプトおよびチャート関数」を参照してください。

  • Edit properties: コンテナー内でチャートのプロパティを編集できるようにします。
  • Delete (削除): コンテナーからチャートを削除します。

スタイル

基本設定

  • タイトルの表示:  コンテナー内のチャートのタイトル、サブタイトル、脚注を有効または無効にします。

    [タイトル]、[サブタイトル]、[脚注] を入力します。デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈されます。ただし、数式、あるいはテキストと数式の組み合わせをテキスト項目として使用することもできます。文字列の先頭に等号 (=) が付いている場合、この文字列に数式が含まれていることを意味します。

    数式エディターを使用して数式を作成する場合は、 Expressionをクリックします。

    Example:  

    ここで、引用符を含む文字列 'Sales: ' & Sum(Sales) が使用されていると仮定します。

    デフォルトでは、文字列はテキスト文字列として解釈され、例のように表示されます。ただし、='Sales: ' & Sum(Sales) のように文字列の先頭に等号を付けると、この文字列は数式として解釈されます。出力は Sales: <value of expression>のようになり、<value of expression> は計算値です。

  • 詳細を表示: 説明、メジャー、およびディメンションなどの詳細を表示するようユーザーが選択できるようにする場合に、[表示] に設定します。

代替ステート

  • State: Set the state to apply to the visualization. You can select:

    • Any alternate state defined in Master items.
    • <inherited>, in which case the state defined for the sheet is used.
    • <default state>, which represents the state where no alternate state is applied.

    For more information about alternate states, see 代替ステートを使用した比較分析.

コンテナー

  • タブ: コンテナー内の各チャートをタブに表示するかどうかを設定します。オフに設定すると、一番上のチャートのみが表示されます。既定では、オンに設定されています。

  • メニュー: すべてのタブを表示する十分なスペースがない場合に、メニュー ボタンを表示するかどうかを設定します。既定では、[自動] に設定されています。

  • ナビゲーション矢印: すべてのタブを表示する十分なスペースがない場合に、ナビゲーション矢印を表示するかどうかを設定します。既定では、[自動] に設定されています。

  • アイコンの表示: 既定では、オフです。オンに設定すると、各タブにチャート アイコンが表示されます。