ボックス プロット

ボックス プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しており、ひげ付きのボックスと中央の中心線によって描かれます。ひげは、外れ値を除外した場合の上限値と下限値を表します。ボックスの開始点と終了点、およびいくつかのプリセット値を含むひげの範囲を定義できます。または、数式を使用して独自の設定を定義できます。

Box plot.

  1. 最初のひげ
  2. ボックスの開始
  3. 中心線
  4. ボックスの終了
  5. 最後のひげ
ヒント: ボックスにマウスを合わせると、ボックス プロット要素のそれぞれの値を示したポップアップが表示されます。

使用に適しているケース

ボックス プロットは数値データ グループの範囲および分布の比較に適しています。

長所: ボックス プロットでは、大量のデータを整理し、外れ値を視覚化します。

短所: ボックス プロットでデータ分布の概要を処理するため、データの詳細な分析には不適切です。

ボックス プロットの作成

編集中のシートにボックス プロットを作成することができます。

ボックス プロットでは、1 つまたは 2 つの軸と 1 つのメジャーを使用する必要があります。1 つの軸を使用する場合は、単一ボックスのビジュアライゼーションが表示されることになります。2 つの軸を使用する場合は、2 番目または外側の軸の各値で 1 つのボックスを取得することになります。

注: ボックス プロットで計算軸を使用することはできません。

次の手順を実行します。

  1. アセット パネルから、空のボックス プロットをシートにドラッグします。
  2. 最初の軸を追加します。

    これはボックスを定義する内部の軸です。

  3. 2 番目の軸を追加します。

    これは、軸の目盛線上に表示されるボックスを定義する外側の軸です。

  4. [メジャーを追加] をクリックし、項目からメジャーを作成します。メジャーに集計が含まれている必要はありません。

ボックス プロットを作成したら、プロパティ パネルで外観の調整や他の設定の変更ができます。デフォルトでは、[標準 (テューキー)] プリセットが使用されます。

ボックス プロットの定義の変更

プロパティ パネルの [ボックス プロット要素] に表示される 3 つのプリセットの 1 つを使用して、ボックス プロットを定義できます。

  • 標準 (テューキー)

    このプリセットは、J. Tukey によるオリジナルのボックス プロット定義に基づいています。中心線は中央値 (第 2 四分位数) を表し、ボックスの開始点と終了点は第 1 四分位数と第 3 四分位数を表します。ひげの長さは、1、1.5 または 2 四分位範囲に設定できます。四分位範囲は、第 1 四分位数と第 3 四分位数の差を表します。

  • パーセンタイル ベース

    このプリセットは第 1 および第 3 四分位数を表すボックスの開始点と終了点、および中央値を表す中心線を使用しても定義されますが、ひげの長さはパーセンタイル ベースのひげの位置を設定することによって調節されます。

  • 標準偏差

    このプリセットは標準偏差に基づいており、中心線が平均値を表し、ボックスの開始点と終了点が 1 標準偏差分散を表します。ひげの長さは、複数の標準偏差値に設定できます。

また、カスタム ボックス プロットを定義し、数式を使用して各ボックス プロット要素の値を設定できます。