ストーリーの編集

アプリにデータをロードしたら、データを分析して新たなインサイトを得ます。この新たなインサイトは、新しいストーリーとして、あるいは既存のストーリーの更新版として提示することができます。詳しくは「データ マネージャーによる、アプリでのデータの管理」と「データ ロード スクリプトを使用したデータのロード」を参照してください。

スナップショットのステートと選択内容は、リロードされたデータでは更新されません。スナップショットが取得された時点で存在したデータのみが反映されます。 ただし、ライブ データ シートは静的ではないため、データのリロードにより影響を受けることになります。

スライド上のビジュアライゼーションのスナップショットは、アプリのビジュアライゼーションのソースを開くことで、置き換えることができます。ビジュアライゼーションのデータが更新されます。ストーリーに使用する新しいスナップショットを取得できます。

スナップショットの取得では、注釈を作成することができます。注釈はストーリーを構築する際に、スナップショット ライブラリ内でスナップショットを見分けやすくする効果があります。ストーリー再生中、注釈は表示されません。

ヒント: 元のストーリーを残したい場合は、編集を始める前に複製を作成しておきます。
ヒント: Qlik Senseとは別にストーリーを提示したい場合は、エクスポートできます。