シートを使用したアプリの構成

シートを使用して、アイデアやアプリの目的を構成します。空のアプリを作成する場合は、最初に空のシートの構成を構築するとよいでしょう。ここでは、各シートはアイデアや目標を示します。これでアプリの概要を把握できます。

概要

例えば、会社の主要な指標、売上、および利益の概要を州、地域、製品別に作成しているとします。これらをすべて 1 か所に表示するのではなく、それぞれの目的ごとに 1 つのシート作成して情報を構成できます。

各シートには目的とアイデアが含まれます。

Three different sheets.

シートには、データ ビジュアライゼーションに用いるチャートとテーブルが配置されます。アプリには複数のシートを含めることができます。選択を行うと、シートがどこにあるかによらず、ビジュアライゼーションに反映されます。

このシートの例では、左側のボックスでデータのフィルターを行うと、その結果が右側のビジュアライゼーションに表示されます。

Sheet with visualizations.

シートの新規作成

アプリ概要またはシート ナビゲーターから新しいシートを作成できます。

ヒント: シート ナビゲーターにはシート ビューからアクセスできます。ツールバーで 4 をクリックしてください。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で 4 をクリックし、シートを表示します。
  2. P あるいは [シートの新規作成] をクリックします。
  3. シートにタイトルを付け、説明を加えます。
  4. テキスト エリアの外側をクリックして、タイトルと説明を保存します。

新しいシートが作成されました。

シートのタイトルと説明の変更

シートのタイトルと説明は、いつでも変更できます。固定のシートのタイトルを使用することも、数式に基づく動的なシートのタイトルを使用することもできます。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で 4 をクリックし、シートを表示します。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • グリッド ビュー ì の場合は、シート タイトルを選択し、@ をクリックします。
    • リスト ビュー î の場合は、@ をクリックします。
  3. [タイトル] と [説明] を編集します。
  4. テキスト エリアの外側をクリックします。
変更内容を保存します。
ヒント: シートのタイトルと説明は、シート プロパティ パネルでも変更できます。

動的なシートのタイトルの使用

シート プロパティ パネルの [タイトルの数式] プロパティで、数式に基づいて動的なシートのタイトルを設定できます。有効なチャートの数式を使用することができます。詳細については、「ビジュアライゼーションにおける数式の使用」を参照してください。

動的なシートのタイトルを設定する場合、固定のタイトル ([タイトル]) は使用されません。

シートのサムネイルの変更

アプリ概要およびシート ナビゲーターでシートを見分けやすくするために、既定のサムネイルを置き換えることができます。サムネイルには、既定の画像のうちの 1 つを使用することも、独自の画像を使用することもできます。

次の点に注意してください。

  • 次の形式がサポートされています。pngjpgjpeg、およびgif
  • サムネイルの最適な縦横比は 8:5 (幅:高さ) です。
  • サムネイルを追加または変更できるのは、未公開シートのみです。

次の手順を実行します。

  1. アプリ概要で 4 をクリックし、シートを表示します。
  2. 以下のいずれかを行います。
    • グリッド ビュー ì の場合は、シート タイトルを選択し、@ をクリックします。
    • リスト ビュー î の場合は、@ をクリックします。
  3. デフォルトのサムネイル上にある 0 をクリックします。

    [メディア ライブラリ] が開きます。

  4. メディア ライブラリ内の [アプリ内] や [デフォルト] といったフォルダーをクリックします。

  5. シートのサムネイルとして使用する画像を選択し、[挿入] をクリックします。
  6. 編集を中止するには、m をクリックします。

選択した画像がシートのサムネイルとして使用され、シート ナビゲーターとアプリ概要に表示されます。

ヒント: シートのサムネイルは、シート ナビゲーターの右上またはシート プロパティ パネルでも変更できます。

次の形式がサポートされています。pngjpgjpeg、およびgif

Qlik Sense の場合: メディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーに画像をアップロードできます。画像をデフォルト フォルダにアップロードするには、Qlik Management Console を使用する必要があります。

Qlik Sense Desktop の場合: コンピューター上の次のフォルダーに画像を配置できますC:\Users\<user>\Documents\Qlik\Sense\Content\Default。メディア ライブラリの [default] (既定) フォルダーから画像を使用できます。アプリをインストール間で移動すると、アプリで使用する画像はアプリと一緒に qvf ファイルに保存されます。新しい場所、例えば Qlik Sense Cloud でアプリを開くと、画像はアプリのメディア ライブラリの [アプリ内] フォルダーにあります。

詳しくは「Qlik Sense サイトの管理: コンテンツ ライブラリにオブジェクトをアップロード」を参照してください。

シートのグリッド サイズの変更

シートにさらに多くのビジュアライゼーションが収まるように、またはビジュアライゼーションの配置をさらに制御できるように、シートのグリッド サイズを調整できます。グリッドは、ビジュアライゼーションを追加、移動、またはサイズ変更するときに表示されます。

グリッドのサイズはシート プロパティ パネルで変更できます。

The sheet properties pane

次の手順を実行します。

  • シート プロパティの [グリッドの間隔] 設定を [広い] (既定のオプション) から [標準] または [狭い] に変更します。

シートのグリッドがさらに狭くなり、グリッドの正方形が小さくなります。

シート サイズのカスタマイズ

既定では、Qlik Sense ではユーザーのスクリーンの軸にシートを合わせるために、シートに応答性の高いレイアウトが使用されています。シートに応答性の高いレイアウトを使用したくない場合は、シートにカスタムの幅と高さを設定できます。これにより、応答性について調整することなく、確実に作成した通りにダッシュボードをユーザーに表示することができます。シートの高さと幅は、300 ピクセルから 4,000 ピクセルの間であればどの数値にでも設定できます。

シートにカスタムのサイズが適用されている場合は、グリッドの間隔を変更することはできますが、[シートの拡張] を使用してサイズを変更することはできません。

注:

カスタムのシートがエクスポートされた場合、エクスポートされたシートは [応答性が高い] シートとしてエクスポートされます。最適な既定のシート サムネイルには、カスタムのサイズ比率を 8:5 (幅:高さ) に維持します。

次の手順を実行します。

  1. [シート サイズ] 設定を [応答性が高い] から [カスタム] に変更します。
  2. シートの幅をピクセルで入力します。

  3. シートの高さをピクセルで入力します。

小さい画面用のレイアウトの変更

既定では、シートを小さい画面上で表示する場合は、リスト ビューに表示されます。これをグリッドでの表示に変更することができます。シートを小さい画面上でグリッド表示するには、応答性が高いレイアウトに設定する必要があります。

小さい画面上でリスト ビュー (左) およびグリッド ビュー (右) に表示されたシート

Comparison of sheet list view versus grid view on smaller screens

グリッド ビューにはビジュアライゼーションの小さいプレビューが表示されます。リスト ビューにはビジュアライゼーションのタイトルのみが表示されます。

次の手順を実行します。

  1. [シート プロパティ] で、[小さい画面用のレイアウト] に移動します。
  2. ドロップダウンから [グリッド ビュー] を選択します。

シートの領域の拡張

画面に収まるビジュアライゼーションよりも多くのビジュアライゼーションを追加する必要がある場合、シートの領域を縦方向に拡張できます。

次の点に注意してください。

  • シート プロパティの [シートの拡張] をアクティブにする必要があります。
  • 拡張ごとに、シートの元の高さの 50% が追加されます。
  • スクロールするビジュアライゼーションがある場合、拡張されたシートのスクロールが妨げられる可能性があります。空白スペースをある程度残しておくと、シートの設計時にスクロール用に利用できます。

2 種類の方法でシートを拡張できます。

次の手順を実行します。

  • オブジェクトをシートの下部にドラッグし、表示されたドロップ ゾーンにドロップします。
  • [シート プロパティ] の [シートの拡張] を切り替えます。

シートは元の高さから 50% 拡張されています。シート内で縦方向にスクロールすると、すべてのコンテンツにアクセスできます。

シート アイテムのコピー、置き換え、移動

アイテムは、シート内またはシート間でのコピーや置き換え、移動が可能です。以下の方法があります。

  • シート上の編集バーを使用 (µ および )。
  • 右クリックして [切り取り]、[コピー]、および [貼り付け] を選択。
  • キーボード ショートカットを使用 (Ctrl+C、Ctrl+X、Ctrl+V)

シートの複製

シートは、アプリに属するものでも自分で作成したものでも、すべて複製できます。シートの複製は、コンテンツを再利用して時間を節約したり、細部を変更してよりニーズに合ったシートを作成するために行います。複製されたシートには、元のシートと同じビジュアライゼーションが含まれ、同じマスター アイテムにリンクされます。複製されたシートは独立しており、元のシートには接続されていません。複製されたシートは、アプリ概要の [マイ シート] とシート ナビゲーターに表示されます。

次の方法でシートを複製できます。

  • アプリ概要またはシート ナビゲーターで、シートのショートカット メニューにある [複製] をクリックします。
  • アプリ概要またはシート表示のグローバル メニューにある [シートの複製] をクリックします。