NORMDIST - スクリプトおよびチャート関数

NORMDIST() は、指定された平均と標準偏差について、累積正規分布を返します。例えば、mean = 0standard_dev = 1 の場合は、標準正規分布の値が返されます。

Syntax:  

NORMDIST(value, [mean], [standard_dev], [cumulative])

Return data type: 数値

Arguments:  

引数 説明
value 分布を評価する値。
mean

分布の算術平均を示す、省略可能な値です。

この引数を指定しない場合、既定値は 0 です。

standard_dev

分布の標準偏差を示す、省略可能な正の値です。

この引数を指定しない場合、既定値は 1 です。

cumulative

任意で標準正規分布または累積分布を使用することも選択できます。

0 = 標準正規分布

1 = 累積分布 (既定)

この関数は、次のように NORMINV 関数に関連します。
If prob = NORMDIST(value, m, sd), then NORMINV(prob, m, sd) = value

Limitations:  

すべての引数は数値でなくてはなりません。数値でない場合は NULL が返されます。