Left

Join および Keep プレフィックスの前には、プレフィックス left を置くことができます。

join の前に使用すると、左結合を指定します。結果のテーブルには、生データ テーブルからの項目値の組み合わせのみが含まれます。連結項目値は最初のテーブルに示されます。keep の前に使用すると、Qlik Sense に保存される前に、2 つ目の生データ テーブルは 1 つ目のテーブルとの共通部分に縮小されます。

注: 同じ名前で文字列関数を検索していた場合参照先: Left - スクリプトおよびチャート関数

Syntax:  

Left ( Join | Keep) [ (tablename) ](loadstatement | selectstatement)

Arguments:  

引数 説明
tablename 名前が付いたテーブルが、ロード済みのテーブルと比較されます。
loadstatementまたはselectstatement ロード済みテーブルの LOAD または SELECT ステートメントです。

Example:  

Table1

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

Table2

 

A

C

1

xx

4

yy

QVTable:

SELECT * From table1;

Left Join Sselect * From table2;

QVTable

 

 

A

B

C

1

aa

xx

2

cc

 

3

ee

 

QVTab1:

SELECT * From Table1;

QVTab2:

Left Keep SELECT * From Table2;

QVTab1

 

A

B

1

aa

2

cc

3

ee

QVTab2

 

A

C

1

xx

keep の例にある 2 つのテーブルは、A によって関連付けられます。

tab1:

LOAD * From file1.csv;

tab2:

LOAD * From file2.csv;

.. .. ..

Left Keep (tab1) LOAD * From file3.csv;