コレクションに対するアプリの段階的な公開

この例では、アプリをコレクションに公開し、タグ付きでクラウド ハブに表示する手順を段階的に説明しています。この例では、組織が Qlik Cloud ServicesQlik Sense Enterprise on Kubernetesの両方を使用し、複数のクラウド ハブがあります。管理者はタグおよびクラウド ハブの両方に関するプロパティを設定しています。組織の営業チーム用として、「cloud services」(クラウド サービス) という名前の Qlik Cloud Services クラウド ハブに、 2 つのタグ付きでアプリを公開する必要があります。

前提条件

  • 管理者は、「配布ポリシー - 例」に記載されている配布ポリシーを設定済みである。
  • 公開するアプリがある。この例では、「基礎から始める」から入手できる Beginner's tutorial アプリを使用します。
  • 選択されたタグ付きでアプリが公開されていることを確認するため、クラウド ハブへのアクセス権を持っている。

タスク

  • Qlik Cloud Services クラウド ハブ上に US および Sweden タグ付きで Beginner's tutorial を公開します。

Beginner’s tutorial (初心者向けチュートリアル) を US および Sweden タグ付きで公開する

次の手順を実行します。

  1. ハブで Beginner's tutorial を右クリックして [公開] を選択します。
  2. [ストリーム名] ドロップダウン リストからストリームを選択します。
  3. [管理] をクリックします。
  4. Qlik Sense Enterprise cloud ハブを選択するには、ドロップダウン リストから distribution を選択し、[cloud services] (クラウド サービス) の値を選択します。
  5. タグを設定するには、ドロップダウン リストから collections を選択し、値として USSweden を選択します。
  6. グループにアクセス権を設定するには、ドロップダウン リストから groupswithaccess を選択し、[Sales] (営業)を選択します。
  7. [適用] をクリックします。
  8. [公開] をクリックします。

アプリがストリームに公開されます。Qlik Sense は次に、タグ US および Swedencloud service (クラウド サービス) クラウド ハブでアプリを公開します。クラウド ハブにログインし、アプリがタグ付きで使用可能になっていることを確認します。