Qlik Sense プラットフォーム間での公開

次の Qlik Sense プラットフォーム間で直接公開することはできません。

  • Qlik Sense Enterprise
  • Qlik Sense Cloud Business
  • Qlik Sense Cloud Basic
  • Qlik Sense Desktop

代わりに、プラットフォームからアプリのコピーをダウンロードして、そのコピーを他のプラットフォームにアップロードする必要があります。その後、コピー先のプラットフォームでアプリを公開することができます。

注: この機能は Kubernetes では使用できません。
注: Qlik プラットフォーム間でどのようにデータが共有されているかを確認するには、弊社の一般データ保護規則 (GDPR) に対するコンプライアンスを参照してください。

アプリを別のプラットフォームにコピーするときには、以下を考慮してください。

  • 相手先プラットフォームでデータ接続を再作成する必要があります。
  • 相手先プラットフォームで、一部の機能がサポートされない場合があります。例えば、Qlik Sense Enterprise の拡張機能がアプリと共にダウンロードされますが、これを Qlik Sense Cloud で再作成することはできません。
  • 特定の操作の実行に適した権限が必要です。例えば、Qlik Management Console からアプリのインポートおよびエクスポートができるのは、Qlik Sense Enterprise 管理者のみです。
注: Qlik Sense Desktop でアプリを公開することはできません。
ソース プラットフォーム ダウンロードするには
Qlik Sense Enterprise QMC を使用してコンピューターにアプリをエクスポートします。

Qlik Sense Cloud Business

グループ ワークスペースのアプリを右クリックしてコンピューターにアプリをダウンロードします。

Qlik Sense Cloud Basic 個人用ワークスペースのアプリを右クリックしてコンピューターにアプリをダウンロードします。
Qlik Sense Desktop C:\ユーザー\ユーザー名\Documents\Qlik\Sense\Apps からアプリをコンピューターにコピーします。
相手先プラットフォーム アップロードするには
Qlik Sense Enterprise QMC を使用してコンピューターからアプリをインポートします。
Qlik Sense Cloud Business グループ ワークスペースの [新規アプリ] をクリックして、アプリをアップロードします。
Qlik Sense Cloud Basic 個人用ワークスペースの [新規アプリ] をクリックして、アプリをアップロードします。

Qlik Sense Desktop

アプリをコンピューターから C:\ユーザー\ユーザー名\Documents\Qlik\Sense\Apps に移動します。