データ ロード エディタでのデータ ソースへの接続

データ ロード エディタのデータ接続は、よく使用するデータ ソース (データベースやローカル ファイル、リモート ファイル) へのショートカットの保存に利用できます。[データ接続] には、アルファベット順で保存したデータ接続がリストアップされます。検索/フィルター ボックスを使用すれば、特定の名前またはタイプで接続を絞り込むことができます。

詳細については、「データ ソースへの接続」を参照してください。

注: ここでは自分が所有するデータ接続か、読み取りまたは更新のアクセス権を付与された接続だけが表示されます。 アクセス権を取得する必要がある場合は、Qlik Sense システム管理者に問い合わせてください。

データ接続の新規作成

次の手順を実行します。

  1. [接続の新規作成] をクリックします。
  2. ドロップダウン リストから作成したいデータ ソースのタイプを選択します。

    選択したデータ ソースの種類に応じた設定ダイアログが開きます。

  3. データ ソース設定を入力して [作成] をクリックし、データ接続を作成します。

    一意の名前になるよう、接続名にはユーザー名とドメインが付加されます。

これで作成者を既定の所有者とするデータ接続が作成されます。他のユーザーがサーバー環境で接続を利用できるようにする場合、Qlik Management Console で接続のアクセス権を編集する必要があります。

警告: データ ソースの設定が変更されても、作成した接続の設定は自動的に更新されません。つまり、Windows の統合セキュリティと DSN のデータベース ログインとの設定を変更する場合には特に、ユーザー名とパスワードの保存に注意する必要があります。
注: [接続の新規作成] が表示されていない場合、データ接続の追加に必要なアクセス権がないことを意味します。 アクセス権を取得する必要がある場合は、Qlik Sense システム管理者に問い合わせてください。

データ接続の削除

次の手順を実行します。

  1. 削除したいデータ接続で Ö をクリックします。
  2. 接続を削除することを確認します。

これでデータ接続が削除されました。

注: Ö が表示されていない場合、データ接続の削除に必要なアクセス権がないことを意味します。 アクセス権を取得する必要がある場合は、Qlik Sense システム管理者に問い合わせてください。

データ接続の編集

次の手順を実行します。

  1. 編集したいデータ接続で @ をクリックします。
  2. データ接続の詳細を編集します。接続の詳細は接続のタイプごとに異なります。

これでデータ接続が更新されます。

注: データ接続名を編集する際、同じ接続の参照を維持したい場合は、スクリプトに含まれる参照 (lib://) をすべて編集する必要があります。
注: @ が表示されていない場合、データ接続の更新に必要なアクセス権がないことを意味します。必要に応じて Qlik Sense システム管理者に連絡してください。

接続文字列の挿入

ほとんどの接続では、接続文字列が必要になります。フォルダー接続と Web ファイル接続の場合にのみ、接続文字列は不要です。

次の手順を実行します。

  • 接続文字列を挿入したい接続で Ø をクリックします。

選択されたデータ接続の接続文字列がデータ ロード エディタの現在の位置に挿入されます。

ヒント: あるいは、データ接続をドラッグして、挿入したいスクリプトの位置にドロップしても接続文字列を挿入できます。

詳細については、「Connect」を参照してください。

データ接続からのデータの選択

データ接続からデータを選択してアプリでロードする場合、次の項目を実行します。

  1. データ ソースにリンクする [接続の新規作成] を実行します (データ接続が既に存在していない場合)。
  2. ± 接続からデータを選択します。

スクリプト内でのデータ接続の参照

パス付きのファイル名を参照する場合など、ステートメント内のデータ ソースやスクリプト内の関数を参照する際は、データ接続を使用できます。

ファイル参照の構文: 'lib://(接続名)/(パスを含むファイル名)'

MyData データ接続で定義されている場所から orders.csv ファイルをロードします。

LOAD * FROM 'lib://MyData/orders.csv';

DataSource データ接続フォルダーから Customers/cust.txt ファイルをロードします。Customers は、MyData データ接続で定義された場所にあるサブフォルダーです。

LOAD * FROM 'lib://DataSource/Customers/cust.txt';

実際の URL へのリンクを含む PublicData Web ファイル データ接続からテーブルをロードします。

LOAD * FROM 'lib://PublicData' (html, table is @1);

MyDataSource データベース接続から Sales_data テーブルをロードします。

LIB CONNECT TO 'MyDataSource';
LOAD *;
SQL SELECT * FROM `Sales_data`;

データ接続の保存場所

接続は Qlik Sense Repository Service を使用して保存されます。また、データ接続は、Qlik Sense サーバー デプロイメントの Qlik Management Console で管理できます。Qlik Management Console では、データ接続の削除やアクセス権の設定、その他のシステム管理タスクを実行できます。

警告: Qlik Sense Desktop では、接続はすべて、暗号化なしでアプリに保存されます。この中には、接続の作成時に入力したユーザー名やパスワード、ファイル パスに関する可能な詳細が含まれます。そのため、別のユーザーとアプリを共有した場合、これらの情報がテキスト形式で表示される可能性があります。共有を目的にしたアプリを設計する際には、この点について考慮してください。