Qlik Sense 内の QlikView ドキュメント

ファイルを電子メールで配布したり、特定のフォルダーの場所に配布したりする代わりに、Qlik Sense ハブの QlikView ドキュメントにリンクを公開することができます。

この方法は、QlikView および Qlik Sense の [Active Directory] ユーザー グループの一部である特定のユーザーと QlikView ドキュメントを共有する場合に使用できます。QlikView では、管理者が Qlik Sense への配布を設定する必要があります。

要件

QlikView および Qlik Sense の要件

QlikView ドキュメントの公開を有効にするには、次の条件が必要です。

  • QlikView のバージョンが 12.00 SR3 以降である。
  • QlikView のインストールに、Publisher のライセンスが含まれる。
  • システム管理者によって、Qlik Sense Management Console からそれぞれの QlikView Distribution Service (QDS) マシンに異なる証明書セット (client.pfxserver.pfxroot.cer) がエクスポートされている。
  • Qlik Sense が共有コンテンツを使用できるように構成されている。
  • QlikView AccessPoint へのサーバー接続が、マシン名を使用するように構成されている。

QlikView の証明書要件

QlikView の証明書セットを作成する場合、次の手順が必要です。

  • 証明書は、QDS マシンのドメインを含むフル ネームを使用して作成する必要があります。
  • 証明書はパスワードで保護する必要があります。
  • 秘密キー ペアの作成が必要です。

構成要件

以下のトピックには、Qlik Sense ハブで QlikView ドキュメントへのリンクを公開する場合に必要な構成の詳細について記載されています。

Qlik Sense ハブでの QlikView ドキュメントへのリンクの公開

QlikView Management Console を使用して、Qlik Sense ハブで QlikView ドキュメントへのリンクを共有できます。QlikView ドキュメントを表示するには、ドキュメントが共有された特定のユーザーと同じ資格情報を使用して Qlik Sense ハブにログインします。[QlikView documents] でドキュメントへのリンクを選択して、QlikViewAccessPoint を新しいウィンドウで開きます。Qlik SenseQlikView ドキュメントを表示する場合、変更は保存できません。

注: QlikView ドキュメントは、小型デバイス向けのモバイル表示では閲覧できません。

次の手順を実行します。

  1. Documents タブをクリックします。
  2. Source Document ページが開きます。

    注: 公開できるのは、ソース ドキュメントだけです。
  3. QDS マシン インスタンスを展開して、共有するドキュメントを見つけます。
  4. をクリックして、 Plus icon新しいタスクを作成します。
  5. Distribute タブで Plus iconをクリックして受信者を追加します。
  6. Named User ユーザー タイプを選択します。
  7. をクリックして、 Add users iconユーザーを追加します。
  8. 注: 特定のユーザーは、QlikView および Qlik Senseの [Active Directory] ユーザー グループの一部でなければなりません。
  9. Document Information タブで Plus iconをクリックして属性を追加します。
  10. Name 項目に ShowInSenseHubValue 項目に true と入力します。
  11. [Apply] をクリックします。

    タスクが起動し、Qlik Sense ハブの QlikView ドキュメントへのリンクが追加されます。

    注: QlikView ドキュメントのリンクは Qlik Sense ハブからは削除できません。