データ モデル ビューア内でのテーブルの移動とサイズ変更

テーブルの移動

キャンバスにドラッグして、テーブルを移動できます。テーブルの位置は、アプリを保存する際に同時に保存されます。

テーブル レイアウト (位置およびサイズ) は、キャンバス右側の [ をクリックするとロックできます。テーブル レイアウトのロックを解除するには、\ をクリックします。

ツールバーの ì の下にある次のオプションを使用して、自動的にレイアウトを調整することもできます。

テーブルを移動するオプション
UI 項目 説明
[ì グリッド レイアウト] グリッド内でテーブルを調整します。
[ó自動レイアウト] ウィンドウ内にテーブルが収まるように調整します。
[õ レイアウトの復元] データ モデル ビューアーを最後に開いたときの状態にレイアウトを復元します。

テーブルのサイズ変更

テーブルの右下隅にある矢印を使用して、テーブルの表示サイズを調整できます。表示サイズは、アプリの保存時には保存されません。

また、ツールバーで表示サイズの自動変更オプションを使用することもできます。

テーブルのサイズを変更するオプション
UI 項目 説明
t 全て折りたたむ テーブルを最小化して、テーブル名のみ表示します。
å リンクされている項目を表示する すべてのテーブル サイズを縮小し、テーブル名と他のテーブルに関連付けられた全項目を表示します。
s すべてを展開 すべてのテーブルを最大化し、テーブルのすべての項目を表示します。