クラウド ハブでのアプリの共有

アプリを共有すると、クラウド ハブの他のユーザーが洞察にアクセスできます。

アプリを共有するには、 Moreをクリックして [共有] を選択します。アプリは、クラウド ハブの個々のメンバーと共有するか、クラウド ハブ内のメンバー全員と共有することができます。アプリを共有しているユーザーは [詳細] で確認できます。

クラウド ハブのメンバーは共有アプリを操作できますが、シート、チャート、ストーリーなどのコミュニティ コンテンツは作成できません。メンバーは、アプリ内のチャートへのリンクを、自分が選択したメンバーと共有できます。クラウド ハブの他のメンバーが自分のアプリを編集可能にする場合は、そのアプリを共有スペースに移動し、クラウド ハブのメンバーにそのスペースでの編集アクセス権を付与することができます。

クラウド ハブで Qlik Sense Enterprise を使用する場合、アプリを共有することはコレクションにアプリを公開することと似ています。コレクションに公開されたアプリは、特定のユーザーに配布可能です。クラウド ハブで共有されるアプリは、クラウド ハブに対するアクセス権を持っているすべてのユーザーと共有されます。Qlik Sense Enterprise を持っており、特定のユーザーとアプリを共有する場合は、そのアプリを共有する代わりにコレクションに公開する必要があります。詳しくは「タグ付きのクラウド ハブへのアプリの公開」を参照してください。